スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La vie ordinaire

ajisai2.jpg

皆さま、こんにちは!
まだ、梅雨明けこそしていませんが...軽井沢も初夏を感じる季節になりました。
今の季節にぴったりのしっとりとした大人の雰囲気が素敵な紫陽花が本当に綺麗ですよね。

sumo.jpg

我家の愛犬「すもも」もフカフカのロングコートをバッサリ、夏恒例のサマーカットをしてもらいにアウトレットへ。いつも優しく、丁寧に対応して下さるトリマー(店長)さんがいらっしゃるので安心です。

久々に自宅庭の脇を流れる千ヶ滝用水の様子を見に庭へ足を踏み入れると偶然、
大木にクワガタが群がっているのを発見し、夫に教えるとまるで少年のようにはしゃいでいました。

kuwagata2.jpg

江戸時代に小諸のお殿様によって造成されたという千ヶ滝・御影用水路。
軽井沢から20km以上離れた小諸まで浅間山の伏流水を用水路を用いて運び農業用水として
人々の生活を支え続けてきた歴史があるそうです。夏場でも水はひんやりとしていて、時折、
カモのカップルが気持ち良さそうに泳いでいます。庭に出るのは久しぶりでしたが、用水路を
静かに流れる澄んだ水の流れを見ていると心が癒されます。

yosui.jpg

フランスから5月に帰国して以降、今シーズンに向けての実店舗の準備や運営、今回買い付けた
品々の輸送・通関準備等で何かと忙しく、休日もなかなかゆっくり過ごす時間がありませんでしたが
初夏を感じさせる清々しい気候や賑やかになりつつある周りの雰囲気に何となくワクワクします。

そして、東京から移住してから早くも約6年の月日が流れ、当たり前にのようになってしまった
「森の生活」。今一度、まわりを意識してみると意外に小さなサプライズが多いことに気付きます。

smoketree.jpg

こちらに移住した直後にある庭園で出会ったのをきっかけにどうしても自宅の庭にも欲しくなり、
地元の園芸店で季節外れになり売れ残っていた苗木をようやく手に入れ、自宅庭に植えたモクモクと
煙のように見える珍しい花を咲かせる「スモークツリー」。
小さくてか細かった苗木も今ではこんなに逞しくなりました。

元々は白い花が咲く方が欲しかったのですが、苗木に付いていたラベルが欠損しており、園芸店の
方も花が咲くまでどちらの色なのかはわからないとのことで購入したのですが...結果は燃えるような
レッドでした(笑)そして、今年は初めてこんなに鮮やかに色付きました!
遠くから見ると線香花火のようにも見え(!?)私たちを楽しませてくれます。

日常生活ではなかなかフランスにいる時のようなスペシャル感は味わえませんが、軽井沢の森の中
での生活にも実際には小さな驚きや発見がいっぱいです。
いつもの景色や空気にちょっとだけ意識を傾けるだけで不思議と気持ちも豊かになります。

fleur.jpg

また、お部屋のインテリアも新しい無機質なものばかりだと息苦しくリラックスできませんが、
室内に少しでも花やグリーンを取り入れるとゆっくりと時を重ねてきた優しい風合いのアンティーク
をお部屋にプラスした時のような癒しの空間になりますよね。

実はとても相性が良いアンティークと花...
どちらも生活必需品ということではありませんが、いずれも安らぎ感満載のアンティークや
花をお部屋のアクセントとして少し取り入れるだけで自然と生活が豊かになるような気がします。

今は亡き、私たちのアンティークの心の恩師Jaquesのいかにもフランス人らしい言葉を思い出します。
忙しい日常生活においても、五感(見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう)を意識しながら生活する。
そして、美しいものを見て、素直に美しい!と感じる気持ちを大切にすればきっと僕のように素晴らしい
アンティークと出会うことができるでしょう。

いつも、夢のような素敵なアンティークの品々で溢れていた彼の美しいアトリエを思い出しました。

bara.jpg

アンティークと花のある生活こそ

ばら色の人生
La vie en rose

La Nouvelle Année 2016

Biotope.jpg

新しい年 "2016年"がスタートしました!
軽井沢にある父のBiotopeの畑から見える浅間山の美しさにはいつも見ても魅了されます。

お蔭様で軽井沢のフレンチアンティーク "Au Bord de l'Eau"も今年で5年目を迎えます。
今年もフランスで出会った素晴らしいアンティークの数々をお届けできるよう努めてまいり
たいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

nimotsu.jpg

年末には昨年9月に買い付けた分のコンテナが到着し、商品の開梱や清掃、写真撮影
などに追われお正月らしい休みをとることができませんでしたが...年明け直ぐに商談などの
用事で東京へ行くことになり、お陰でつかの間の休日気分を味わうことができました。
今回、たまたまミーティング場所が夫が日本時代に慣れ親しんだ街のすぐ近くだったので、
ここ数年で劇的な変化を遂げた二子玉川の街を何年かぶりに散策し、あまりもの変わりぶりに
まるで浦島太郎になったような気分でした。

tamagawa.jpg

駅から少し歩いたところにある懐かしい多摩川の川原にも行き、私自身も子供の頃
から毎日通学や通勤で乗っていた電車を川原から眺め、昔を懐かしんでいました。

yuki.jpg

今年は暖冬で年明けあたりまでは浅間山の雪も薄っすら白くなっている程度でしたが...
今週はじめ、突然、40センチ近くの大雪が降り、一瞬二年前の大雪による悪夢の記憶が蘇りました。
ちょうどこの日は東京からフローリストの先生をお迎えして、店にとって初めての試みとなる
”アンティークとお花のコラボレーション”を企画したお花のレッスン当日であったため、急遽、
コンテナ到着時に腰を悪くした夫に代わり、車を家の敷地内から道路に出すまでの通路を
確保するため、早朝から三時間半の雪掻きで汗を流すことに...

yukikaki.jpg

残念ながら地元からの参加者の多くは大雪で家の外に出られずに欠席となりましたが
東京チームは先生、生徒さんたちが大変な思いをして新幹線で駆けつけて下さいました。
時代を重ねたアンティークと美しいお花のコラボレーション、本当に素敵でした!
普段は見たことが無いという、軽井沢の雪景色も楽しんでいただけたでしょうか!?
このような素晴らしい機会を作って下さったM先生、そして参加者の皆様
大変ありがとうございました!

flower lesson

ohana.jpg

そして、来週から約二週間、夫と二人で4ヶ月ぶりにフランスへ買い付けに行くことになりました。
年末にコンテナが届いたばかりで、まだネットに未掲載の新しい商品は手元に沢山ありますが
春からの来期シーズンに向け、実店舗の在庫を例年よりも多く確保するため、少し早めでは
ありますが、再び南仏を中心にアンティークハンティングの旅に行ってまいりますので新たな
素晴らしいアンティークたちとの出会いに乞うご期待ください♪

Joyeux Noel!

sunrise.jpg

すでに軽井沢では今シーズン少なくとも数回はまとまった雪が降り、早くもスノータイヤに履き替える
などの冬支度が着々と進んでいます。

gardeninsnow.jpg

そして、この時期は特に空気が澄んでいるので、時折、夜空に輝く星(星座)がプラネタリウムのように
くっきりと鮮明に見え、また、少し早起きをすると窓越しに綺麗な朝焼けが見えるなど自然ならではの
美しい幻想的な景色を楽しむことができます。

そして、クリスマスタウンとしても知られる軽井沢では駅前をはじめ、至る所で美しいイルミネーションを
見ることができます。当店でもキリスト誕生の印「流れ星」をモチーフにしたデコレーションを窓に取り付け、
シンプルながらもNoel(クリスマス)の飾り付けをしたので店内も少し賑やかになり、ややクリスマスらしく
なりました。

shopdeco.jpg

フランスでもNoelは家族と過ごすことが多いのですが、私たち夫婦は軽井沢、そしてほとんどの家族は
今、東京、フランス、アフリカと離れ離れに暮らしているので家族が揃って一緒にNoelを祝うことは難しく
なりましたが...神聖なNoelを迎えるこの時期は普段よりも家族を思う気持ちが強くなり気持ちが
安らぎます。どうぞ、みなさまも素敵なNoelをお過ごしください!

Paris 2015

先月、夫の第二の故郷パリで無差別テロという世界中を震撼させた悲しい出来事がありました。
幸いにも夫の家族は皆無事でしたが、夫の従兄弟の子供の一人が事件当日にサッカースタジアム
に居合わせたり、知人の友人親子がコンサートホールで犠牲になり亡くなられたとの悲痛な話を
聞いたり、本当に身近な出来事として連日のニュースを見ては涙がとまらない日が続きました。
宗教や歴史的背景をはじめ、日本人である私には計り知れないとてつもなく複雑な問題があるのは
事実ですが...何よりもパリや世界中のテロの犠牲になった方々のご冥福を祈るばかりです。

そして、私たちのフランスに住む家族を気遣い、周囲の方々から多くの励ましの言葉をいただきました
ことをこの場をおかりして感謝いたします。

Priere pour Paris et le reste du monde!

Les sosies

irohamomiji2.jpg

秋も深まり、早くも軽井沢では晩秋を迎えています。
9月に降った冷たい長雨のせいか、今年は自宅の庭の”いろはもみじ”の紅葉は赤色が少なく、東京の銀杏並木を思わせるかのごとくほぼ黄色一色に色付きましたが、それはそれで風情があり見応えがありました。

それにしても、世の中には偶然、”そっくりさん”に遭遇することがあるものですね(笑)。

longsofa2.jpg


フランスで調達したインテリア雑誌を何気なく見ていたら、見覚えのある「ルイ16世様式の二人掛けソファー」を発見!基本的に一点物であることが多いアンティーク家具ですが、やはり時代毎に流行があるのは現代と同じです。

職人に作らせたカスタムメード品であってもデザインにはトレンドがあり、こちらのソファーは当店がフランスで買い付けたソファーと座面の布地の雰囲気を含めて本当によく似ています!
商品の詳細はこちらからどうぞ

そして、シンプルでどんなインテリアとも合いそうなクラッシックなデザインが素敵な「ツリー型のシャンデリア」...こちらも当店の商品によく似ています。小ぶりなので日本の住宅でも扱い易くお勧めです!
商品の詳細はこちらからどうぞ

tree chandellier

「チャーチキャンドル」と呼ばれるシックなキャンドルスタンドも当店の商品とよく感じが似ています。
単に飾っておくだけでも素敵ですし、季節を問わずにお楽しみいただけるのが嬉しいアイテムですが...特にこれからの季節にぴったりなのでは?NOEL(クリスマス)に合わせてワンランク上のお洒落な彩りをお部屋にプラスされてはいかがでしょうか。
商品の詳細はこちらからどうぞ

chapelle.jpg

そして、よく聞く話ですが、ペットも主人に似てくると。
最近、我が家の愛犬すももも夫に仕草や風貌が似てきたような...

sumomon.jpg

今週末、隣町の小諸にある懐古園ではまだ美しい紅葉の景色を楽しむことができました。
古都 京都のような風情を感じるしっとりとした光景に思わずうっとり♪

kaikoen.jpg

晩秋の軽井沢は寒さが一段と厳しくなり、暖房が欠かせなくなりました。
寒い季節になるとパリで飲んだChocolat chaud(ホットチョコレート)が無性に恋しくなります。

chocolat.jpg

モンブランで有名なAngelina本店の "Chocolat chaud l'Africain" やArmani Cafeの超濃厚な本格ショコラショーもよいですが、フランスのおばあちゃん直伝の家庭でも手軽に作れるショコラショーで心も体もぽかぽかになります!

フランス式はココアパウダーの代わりにチョコレートを使用するのと、あとはお好みでアーモンドエッセンスを数滴垂らすのがポイントです♪アメリカ時代によく飲んだマシュマロ入りのココアも懐かしいですが...ちょっぴりほろ苦甘い濃厚なショコラショーは大人の方にもお勧めです!

飲みすぎはダイエットの天敵ですが、ポリフェノールたっぷりのショコラショーでアンチエイジングも期待できるかも(!?)です。
ぜひ、お試しください!


Notre nouvelle boutique

shop2.jpg

2015年 4月29日(水)に同じ軽井沢町内の国道18号線離山信号付近に実店舗を移転いたしました!

これまで限られたスペースだった自宅兼店舗の旧店舗に比べると広さも約1.5倍になり、ちょうど
軽井沢駅と中軽井沢駅の中間あたりに位置する、国道18号沿いのわかりやすい場所だという
アクセスの良さが何よりもの改善点だと思います。

naka2.jpg

※ 国道18号「離山」の信号真横にあるベージュのタイル貼りの建物の1階です。

soto.jpg

また、シーズン中は定休日(火曜・水曜)以外の営業時間内(11:00~17:00)であれば、事前に
ご予約いただかなくてもいつでもご来店いただくことが可能です。

naka3.jpg

shop4.jpg

もちろん、旧店舗の森の中にひっそりと佇む静かな環境や用水路が流れるお庭を愛してくださった
お客様も大勢いらっしゃると思うと少し寂しい気持ちもありますが、自宅はこれまで通り
"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"で変わりありませんので、機会がありましたら是非、また遊びに
いらしてくださいね。

terrasse.jpg

お蔭様で軽井沢のフレンチアンティーク「オ・ボール・ドゥ・ロー」も今年で4年目を迎えます。
これからも、夫の母の祖国フランスで厳選してきたとっておきのアンティークの品々をお届け
できるよう努めてまいりますので、今後ともご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。


プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。