Les feuilles d'automne

momiji.jpg

C'est déjà l'automne!!!
軽井沢もすっかり秋めいてきました。
旧軽井沢の紅葉は6~7分の見ごろのようですが、我が家の御影用水側の山紅葉の紅葉は一気に
ピークとなりました。昨日の朝、いつものように2階の寝室から下に降りようとすると階段の窓越し
に広がる美しい紅葉の景色に思わず釘付けになりました。

今年の夏は寒暖の差が激しく、最近は台風の影響もあり連日雨が降っているので、自然の恵みを沢山
もらい日に日に美しさに磨きが掛かっているようです。雨の雫で濡れた紅葉の葉がきらきらと光り、
しっとりとした美しい景色をあと数日間は堪能することができそうです。

そして、来週早々には主に新しい商品の買付けのために渡仏します。
今シーズンも本当に沢山のお客様に軽井沢の実店舗の方へもわざわざ足を運んでいただき、本当に
ありがとうございました。

いつものように南仏プロバンス地方を中心に約1ヶ月間滞在する予定です。
現地からもできるだけブログやFacebookなどを通じて近況をご報告したいと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

Rendez-vous à Provence!!!

Sanglier

cabbage.jpg

現在、軽井沢も梅雨真っ只中ですが、一時的に雨がやんだので久々に犬を連れ散歩に出かけました。
地元の方が一生懸命育てたキャベツが大地の恵みを得ていつの間にかにこんなに大きく育っていました!
かつて一世を風靡した”キャベツ人形”の赤ちゃんがふかふかのキャベツの布団の中ですやすやと眠って
いそうです。(笑)

近所の顔見知りのお婆さんが畑仕事をしていたのでいつものように挨拶をすると、何と数日前にお婆さん
の飼い犬が猪に襲われ、何針も縫う大怪我をしたとの事、18才の老犬はあまりもの恐怖で腰を抜かし、
食欲は回復したものの未だに立ち上がることができずに犬小屋の中でうずくまっているとの事でした。

私たちのお店にいらっしゃるお客様のお話でも、猪だけではなく時折、熊が庭先に出没する事もあるそうで
森の中で野生動物たちと共存する軽井沢に住む私たちにとってはそう珍しい話ではないのですが...
猪に襲われた可哀想な犬や私たち人間によって食べ物が減り、山から里におりてくる野生動物たちの事を
思うと心が痛みます。私たちが美しい軽井沢の森の中で癒されながら快適に暮らせる一方で、日々、動物
たちは苦しんでいるかもしれないという事実と向き合い、どうしたら彼らと共存できるかについて、もっと
真剣に考えなければならないと改めて感じました。

軽井沢には「ピッキオ」という軽井沢を拠点に野生動植物の調査研究および保全活動を行う団体があり、
日頃の彼らの献身的な活動によって野鳥や熊をはじめとする沢山の野生動物たちが保護されています
が、彼らだけに頼るのではなく、私たち住人一人ひとりにもできる事があるのかもしれません。先日、
お店にいらしたお客様のお話では「シシバイバイ」というとてもユニークな名前の付いた青色LEDライト
を活用した猪よけグッズを購入した事で山からおりてくる猪などの野生動物が庭先に入ってくるのを
防ぐ事に見事、成功しているそうです。

近所の怪我をした老犬は、夜はシャッターが閉まる倉庫の中に犬小屋ごと入れてもらい、お腹をすかせた
猪が老犬の餌を狙って襲ってくるのを防ぐようにしたそうです。昼間も猪が襲って来ないよう、外にある
犬小屋の周りには頑丈そうな手作りの柵が建てられていましたが、今度お婆さんに会ったら「シシバイ
バイ」の事を教えてあげようと思います。

軽井沢には猪、熊、狐、日本猿など沢山の野生動物が暮らしています。
地元のラジオ局FM 軽井沢では、毎日のように「モンキーリポート」という日本猿の出没情報を流している
程ですが、私たち住人一人ひとりができることを小さなことからでも実践していけば、もう少し野生動物
たちに優しくできるのではないかと改めて思いました。

trap.jpg

時には大事故にも繋がることもあり、また農作物への被害も年々深刻になっているのでやむを得ないとは
思いつつ、近所のキャベツ畑の側にしかけられた罠を見ると悲しい気持ちになります。

Saison de fraîche verdure

Asama.jpg

慌しかったGWが終わり、軽井沢の町にも静けさが戻ってきました。
GWには至るところで桜を楽しむことができましたが、これからは美しい新緑の季節が待っています。

定休日に久しぶりに北軽井沢までドライブに行ってきたのですが、軽井沢よりもさらに 200m程標高の
高い北軽井沢でも既に美しい新緑の光景が広がり、高原ならではの爽やかな空気が流れていました。

Kamo2.jpg

我が家の庭の横を流れる御影用水では、鴨たちが楽しそうに水浴び(?)をしています。

kamo.jpg

来週末にはようやくフランスからコンテナが軽井沢の倉庫に届く予定なので、これから暫くの間
は新しい商品の搬入や注文の対応などで再び慌しくなりそうです。

先日、弊店ホームページ上でもアナウンスをさせていただきましたが、実店舗については5/23(木)
より当面の間、予約制とさせていただくことになりましたのでご理解のほど宜しくお願いいたします。
※5/20(月)までは通常通り、実店舗も営業しております。

なお、実際にウェブショップ上の商品をご覧になられたい方を含め、事前にご予約いただければ
今後も実店舗の方へご来店いただくことも可能です。何かご不明な点がございましたら、お気軽
にお問い合わせください。
《実店舗の予約について》

Cerisiers en fleur

sakura.jpg

先週末にはまさかの大雪が降った軽井沢でしたが...
ゴールデンウィークに合わせたかのように春らしい暖かな陽気となりました。

我が家の庭にある信州のシンボルツリーである”大山桜”も綺麗な花を咲かせました!
ソメイヨシノなどのような華やかさはありませんが、ほんのりピンクがかった小さな花びらが
ヒラヒラと風に靡く姿は幻想的であり、また地味ながら可憐で美しいものです。

sakura2.jpg

都会から「二度目のお花見」を目当てに訪れる人々も少なくない軽井沢...
今年は桜の開花がゴールデンウィークに間にあって本当によかったです。

軽井沢にお越しの際は、ぜひお気に入りのフレンチアンティークを探しに「オ・ボール・ドゥ・ロー」
にも遊びにいらしてくださいね♪

Neige en Avril

snow.jpg

今シーズン初めての週が無事終わりました。
日本列島が寒気に包まれた開店二日目の今週日曜には何と大雪が降り、もうすぐ
ゴールデンウィークだというのに...まるで冬に舞い戻ってしまったかのようでした。

ノーマルタイヤではどこにも行くことができず、まる一日深い雪の中に閉じ込め
られた上に雪かきをしなければならないという予想外の出来事がありましたが
そんな最悪の天気の中、わざわざ実店舗の再開に合わせて駆けつけてくださった
皆様、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

お客様の中には碓氷峠がチェーン規制のために通れず、わざわざ途中で車から
電車に乗り換えて軽井沢に入られた方もいらっしゃいました。

恐らく、これが今シーズン最後の雪(!?)となることでしょう。
暖かな春の陽気が恋しいものです。

プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR