スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Container - Printemps 2014

Container3.jpg

フランスから、”2014年春のコンテナ”が到着いたしました!

いつものように期待と不安でドキドキ、ワクワク...夢が沢山詰まった懐かしい品々がマルセイユ
(FOS)港からインド洋を渡り、2ヶ月半の月日を経てようやく東京港へ、そして未だ雪が残る軽井沢
に到着しました。

snow on the roof

コンテナ到着の数週間前、軽井沢は観測記録最高の99cmの豪雪にみまわれ、丸三日間、徒歩でも
家の外に出ることができないという非常事態になりましたが...どうにか事前に大型除雪機に出動
してもらい、倉庫付近に積もった1m以上の雪を綺麗に除雪してもらうことができたので、大型トラック
(コンテナ)の受け入れもスムーズに行うことができました。

Container2.jpg

夫を含め男性三名がかりでコンテナの中から厳重に梱包されたアイテムを1点ずつ慎重に取り出し、
1時間以上掛けてようやく全てのアイテムをコンテナの外に下ろすことができました。
今回もAvignonのフランスチームの完璧な対応のお陰で破損するアイテムもなく、無事到着したので
本当に安心しました。

これらの新着商品の一部の写真は当店ホームページでもご覧いただくことが可能です。
新着商品の写真はこちらからどうぞ

また、手荷物で持ち帰った手作りの分厚い紙に書かれた百数十年前の手紙や別送で送ったアンティーク
小物たちとの沢山の素敵な出会いがありました。

これから徐々に当店のウェブショップや実店舗などでご紹介する予定ですので、どうぞご期待ください!
「オ・ボール・ドゥ・ロー」ウェブショップはこちらからどうぞ

lettres.jpg

small items

部屋の中にアンティークの品があると不思議と優しい気持ちになり、安らぎを覚えます。

これからもより多くのお客様にフランスからやってきた素敵なアンティークたちとの出会いを
お楽しみいただけたら幸いです。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。