スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La belle vie en Provence - Fin -

Lourmarin.jpg

フランスでの約1ヶ月間の買付けを終え、昨日、無事、軽井沢に戻ってきました。
今回も沢山の美しいアンティークやブロカント、そして暖かい人々との出会いがあり、本当に実り多き
旅となりました。

buti.jpg

今回の滞在では学生時代を過ごしたカリフォルニアの出身ということで意気投合し、仲良くなった
プロヴァンス在住の米国人女性の友人 Alisanneに紹介してもらったアンティーク業界に携わる人々
との出会いはかけがえの無い財産となりました。

中でもアンティーク布やレースのコレクターFrancineの夢のようなお店で出会った、かつては嫁入りに
備えて少女時代から何年も掛けて作ったというプロヴァンス発祥の芸術品ため息が出るほど美しいキルト
"Boutis"(残念ながら大変高価なので手に入れることはできませんでしたが ...)や彼女の友人で
アンティークミラーや人形の販売・修復を手がける、夫の母と同郷でブルターニュ出身の職人 Maël の
フランス文化を愛し、承継し続けることを日々生きがいとする姿にも感銘しました。

mael.jpg

初めて彼の工房を訪れた日は、翌週、Alisanneのアメリカ行きのコンテナに乗せる予定だという
1600年代の"Sainte Marie(聖母マリア)"を修復していました。

stmarie.jpg

予定よりも少し早くコンテナがいっぱいになったので、帰国数日前にはプロヴァンスの美しい自然と
歴史が色濃く残る"Luberon地方"にある小さな村々をまわり、南仏の心地よい太陽の光を浴び、心身
ともに癒されました。

chateau.jpg

青い空を背景に美しく聳え立つ城があり、アーチストが多く集う町Lourmarinや今回、初めて訪れた
ピーター・メイル著書「プロヴァンスの12ヶ月」の舞台として一躍有名になったMenerbeの町など、
まるで中世の時代から時が止まったかのような美しく幻想的な世界が広がる南仏プロヴァンスでの
過酷だったけれどつかの間の夢のような生活が終わりました。

menerbe2.jpg

夫もトラックの運転から解放され、無事帰国の途に着き、私以上にほっとしているようです。
でも、心の奥底では 1/2 フランス人であることをより一層、誇りに思っているはずです。

今回も本当に沢山の人々に親切にしていただきました。
渡仏中、私たちを助けてくださった皆様、本当にありがとうございました!!

Alisanne, Anna, Bernard, Catherine, Danielle, Frederic, Gerald, Isabelle,
Jean, Jean-Pierre, Julian, Lauren, Lina, Maël , Marthe, Nicola, Nicolle,
Severine...

Merci à tous et à bientôt!

スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。