スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saison de fraîche verdure

Asama.jpg

慌しかったGWが終わり、軽井沢の町にも静けさが戻ってきました。
GWには至るところで桜を楽しむことができましたが、これからは美しい新緑の季節が待っています。

定休日に久しぶりに北軽井沢までドライブに行ってきたのですが、軽井沢よりもさらに 200m程標高の
高い北軽井沢でも既に美しい新緑の光景が広がり、高原ならではの爽やかな空気が流れていました。

Kamo2.jpg

我が家の庭の横を流れる御影用水では、鴨たちが楽しそうに水浴び(?)をしています。

kamo.jpg

来週末にはようやくフランスからコンテナが軽井沢の倉庫に届く予定なので、これから暫くの間
は新しい商品の搬入や注文の対応などで再び慌しくなりそうです。

先日、弊店ホームページ上でもアナウンスをさせていただきましたが、実店舗については5/23(木)
より当面の間、予約制とさせていただくことになりましたのでご理解のほど宜しくお願いいたします。
※5/20(月)までは通常通り、実店舗も営業しております。

なお、実際にウェブショップ上の商品をご覧になられたい方を含め、事前にご予約いただければ
今後も実店舗の方へご来店いただくことも可能です。何かご不明な点がございましたら、お気軽
にお問い合わせください。
《実店舗の予約について》

スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。