Togakushi

togakushi1.jpg

ここ数日、軽井沢でも春を感じさせる穏やかで気持ちのよい日が続いています。
昨日は店の定休日を利用し、少し遠出をして美しい景色や美味しいお蕎麦で有名な信州百名山の
ひとつ”戸隠高原”まで夫とドライブに行ってきました。

togakushi3.jpg

2m近くはあると思われる雪壁が残る”戸隠バードライン”と呼ばれる路をひたすら登り続けると温泉宿
や日本家屋がたたずむ風情のある集落が見えてきました。そして、ところどころに蕎麦処の看板が...
信州の中でも蕎麦処が多いことで有名なのは、土地柄美しい水に恵まれ、美味しい蕎麦を育てる
情熱を持った人々が暮らしているからなのでしょう。また、隣にある飯綱町は私の父の故郷であり、
私自身にとっても縁の深い土地ということもあってとても親近感があり、辺りはほっこりとした
空気に包まれていました。

togakushi2JPG.jpg

毎朝、ぴんと澄んだ空気の中、打っているという名物の蕎麦は引き締まっていてとても美味でした。

戸隠には”鏡湖”という、名前の通り美しい自然の風景を映し出す湖があることでも有名です。
今は未だ深い雪が残っているので、暖かくなったら又、ゆっくり散策しに訪れたいと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR