Paris Gourmand

MRS.jpg

昨日無事、約2週間の南仏滞在を終え、夫とともに日本へ帰国しました。

今回、Parisはトランジットのみで、お気に入りのカフェやショップetc...に行くことができず残念でしたが、
CDGでのトランジットの時間を利用し、空港内でParisの”プチグルメ”を楽しむことができました。

最近は日本でも気軽にマカロンを味わうことができますが、やはり老舗パティスリーの味は特別です。
私は薔薇の香りが口の中で広がる"Rose"や"Marie Antoinette"という美味しいお茶と同じ名前が付いたマカロンの大ファン...お陰で少しだけParisの雰囲気を味わうことができました。

Ladure.jpg

近年、これらの店は日本にも進出しているので、必ずしもParisに行かなくても味わうことができるようになり
正直、以前よりもParisならではのスペシャル感は薄らいでしまいましたが...値段的にも国内よりも気軽
に楽しめ、また品揃えも豊富なのでやはり嬉しいものです:)

老舗ショコラティエのエクレアは次回のお楽しみということで、つかの間のParis(?)を満喫しました♪

Chocola.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR