スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Financier

financier.jpg

Comment ça va?
早いもので今日で1月も終わりです。

昨夜、近所に住む私たちよりも少し前に藤沢から軽井沢に移住されたご夫婦から箱いっぱい
に入った”焼きたてフィナンシェ”の嬉しいサプライズ土産を頂きました。アーモンドプードル
と焦がしバターの香ばしい風味が病みつきになる、そのあまりもの美味しさに感激しました!

フィナンシェ(Financier)の由来を調べてみると、イタリアのメディチ家を象徴した「金融」とか
「金持ち」という意味からその名前が付いたのではという説やその形が、色・形ともに金塊に似て
いるからとも言われ、実際、パリ発祥のお菓子でパリ証券取引所周辺の金融街"Bourse"から広まった
のだそうです。

昨日頂いたフィナンシェは藤沢市の辻堂にある人気店"Patea Garden"さんのものだそうです。
これまで藤沢にはあまり縁がありませんでしたが、鎌倉にも近いですし他にも美味しいお店や
素敵な場所が沢山あるようです。長年パリで画家として活躍され、昔大変お世話になった知人が
最近、パリから藤沢に移住されたと聞き、ぜひお会いしたいと思っていたところでした。

彼女は父の元会社の同僚で、十代の頃、私がパリを訪れた当初に等身大のパリを案内してくださった
方です。ショコラティエで見よう見真似で買った宝石のように美しい一粒大のチョコレートや人生初
のベトナム料理、クリニャンクールでの初アンティーク体験etc...今でも鮮明に覚えています。
思えば、今のフレンチアンティークの仕事に携わる一番最初のきっかけをくれたのは彼女だった
のかもしれませんね。

彼女は40年以上パリに住んでおられたので、老後は暖かい海の近くに移住することを望まれた
のでしょうか、私たち夫婦も老後はできたら暖かい海の近くに移住できたら!?と連日、零下の
軽井沢で生活をしているとそんな贅沢な夢を抱いてしまいます。

美味しいフィナンシェと恩師との再会...ますます藤沢行きへの野望が膨らみます:)

スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。