スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Empreinte de Renard!?

狐足跡

「もしかして、狐の足跡!?」と夫が言うので、思わず携帯でパシャリ。
朝起きて庭を見るといたるところに動物の足跡が...移住3年目の冬を迎え、少しは見分ける
能力がついてきたでしょうか...今では狐を見掛けるのも珍しいことではなくなりましたが
やはり嬉しいものです :)

今週の月曜は東京でも7年ぶりの大雪が降り、交通網に支障が生じるなど特に都会は大混乱
となりましたが、ここ軽井沢はいつもの静けさを保ち、"Peaceful"な空気が漂っています。

ただ、週末になるとスーパーやコンビニなどいたるところでスキー客を見掛けます。
若い頃はスキーにはまっていた時代もあり、軽井沢プリンスをはじめ車で10分も行けばゲレンデ
は幾つかあるというのに...今年は未だ一度もスキーに行けていません。
旧軽井沢などで店を営んでいる地元の人たちは冬の間は店を閉め、スキーインストラクターを
やられている方も少なくないそうです。到底、私はそんなハイレベルではありませんが...

現在、実店舗は「冬季休業中」ですが、春の開店に向けた準備や前回買い付けた商品の整理などに
追われています。また、来月には再び南仏に買付けに行く予定なので、昨シーズンの経験を踏まえ
よりお客様に喜んでいただける品々を調達できるよう、日々構想中です♪

スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。