スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

看板


庭

いよいよ今日は”オ・ボール・ドゥ・ロー”の開店日!
本当にお客様に来ていただけるのか。。との不安をよそに開店直後に知人のご夫婦が駆けつけて
くださいました。その後も近所の店主の方々からの口コミで来店くださった方々、また開店日に
合わせてわざわざ掛けつけてくださった知人の皆様に心より感謝します。

夫婦ともに余り接客には慣れておらず、てんてこ舞いの開店初日でしたが、一日を振り返って
何よりも感じるのは”一期一会”の精神を決して忘れてはならないということです。

”一期一会”という意味を改めて調べてみると、『あなたとこうして出会っているこの時間は、
二度と巡っては来ないたった一度きりのものだから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高の
おもてなしをしましょう』と言う意味で、より平たく言うと『これからも何度も会うことになる
かもしれないが、もしかしたら二度と会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい』
ということだそうです。

また、今日一日だけでお客様と交わした話題は日本のみならず、フランス、イギリス、スペイン、
タイ、アメリカまでにもおよび接客業ならではの楽しさや新たな発見を肌で感じ、一気に視野が
広がったようにも思いました。

これからも”一期一会”の精神を忘れずにフランスアンティーク、古道具を通じて義理母の生まれ
故郷であるフランスの伝統やフランス本来の温かさを伝えることができたらと思います。

テラス2
スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。