スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Goût d'Automne

松茸

今日の軽井沢は清々しい秋晴れ。
お日様の暖かな光が何とも心地よい朝でした。

秋と言えば、”食欲の秋、味覚の秋、実りの秋”etc...美味しい旬の食べ物(誘惑)が豊富で、
食いしん坊の私にとって嬉しい季節到来...で約1ヶ月半、夫と励ましあい(?)ながら続けている
低糖質ダイエットにも危ない兆しが...

定休日の夕方、「もうすぐ東京に帰るから...」との父からの予期せぬ誘いに負け、追分の蕎麦処
「ささくら」さんへ父と食事に行き、たっぷりと秋の味覚を堪能してきました。(~_~;)
中でも、「松茸と河豚の白子の天ぷら」は、松茸のしっかりとした歯ごたえと香りの両方が楽しめ、
また、口の中全体に広がるミルキー(濃厚)な味がたまらない白子の天ぷらは本当に美味でした。
「ささくら」さんのある追分宿は、京都へ向かう中山道と越後へ通じる北国街道の分岐点の宿場町
として栄えた歴史のある由緒ある場所です。
<「ささくら」さんの詳細>

遠くフランスでも、これからの季節、ジビエやセップ茸、トリュフなどが旬を迎えようとしています。
何やら、噂によると今年のボジョレーヌーボー"Beaujolais Nouveau 2012"(解禁日:11月15)は、
出来は良いが収穫時の天候が原因で量が半減している!?との事ですが...「美食の国」フランスも
グルメシーズン到来!ということで...渡仏するのが待ち遠しいです♪



スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。