Visite surprise

oiseau.jpg

昨日の軽井沢は最高気温が14℃と肌寒く、ホットチョコレートが恋しくなるような気候
でしたが...今日は昨日とはうって変わり、清々しい秋晴れとなりました。

思わず人間もウキウキするような気持ちの良い日だったので、野鳥たちも久しぶりの
晴天を待ちわびていたのか、庭からは鳥たちの可愛らしい声が響き渡っていました。

「本当に森の中に居るんだな~」と実感しながら、午後の穏やかな時間を過ごしていると
突然、窓から”バタバタバタ”という大きな音がしたので、どうしたのかと思い窓の近くへ
寄ってみると、どのように入ったのか?窓と網戸の隙間に小さな野鳥が迷い込んでいる
ではないですか!

窓を開けて逃がしてやりたくても、その前に網戸を開けなければならず...家の中に迷い
込んでは大変!と二階で仕事をしていた夫を無理やり呼び出し、どうにか救出してもらおう
とジタバタしている間に野鳥は自力で脱出に成功!!
怪我もせず、無事に脱出できたようでホッとしました。

ちょうど明日で、私たち夫婦が森(軽井沢)の住人になってからまる二年になります。
私たちよりも遥か昔から森の中で静かに暮らしている野鳥や猪、狐などの野生動物たちに
これ以上迷惑が掛からないよう配慮できないものかと少し胸が痛みました。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR