Mme. F. Hashimoto

antique bottle_convert_20120806201611 不二子先生絵
 
軽井沢追分に在住の画家 橋本不二子先生のホームページに「私たちの店(Au Bord de l'Eau)の紹介」
と以前、お求めいただいた「フランスの古い瓶」と私たちの店にあるライラックの古い絵画をイメージされ、
綺麗なライラックの花と一緒に描かれた新しい作品を掲載していただきました。
<詳細はこちら>

先生との出会いは、今年のゴールデンウィークに店をオープンした直後にちょうど海外から帰省されて
いたお嬢様とお二人でご来店くださった時からです。その際、私たち夫婦がフランスでアンティークの
買付け時に経験した珍道中について話をしたところ、先生がお若い頃にスイスに留学をされていた際、
フランスを車で訪れた時の楽しいエピソードをお話くださったり、その後もご友人を連れて時々、ご来店
くださいます。

昔から、軽井沢は「文化的な街」と言われ、多くの文化人やアーチストの方々が住んでおられ、私たちの
ような無名な店でさえ、これまで何人かの著名なお客様にお越しいただきましたが...不二子先生はいつも
気さくで、梅雨どき天気が悪く少し気分滅入っていた時に先生の元気はつらつとした声(笑い声)を聞いた
だけで元気をいただいたり、いつも何気に楽しくお話をされているようで、人一倍気遣いを絶やさない
先生のお優しさに感謝しています。

そんないつも素敵な不二子先生の作品展が今月以下のスケジュールで、旧軽井沢の「ギャラリー深澤」
さんで開催される予定です。不二子先生が描く「美しい花々の世界」が今から楽しみです♪

「橋本不二子 作品展」
平成24年 8/17(金)~8/23(木)
ギャラリー深澤 軽井沢ショールーム
営業時間:午前10時~午後7時
Tel. 0267-42-0602
スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR