スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crème brûlée à la lavande

creme brulee

久々に東京から母が遊びに来たので、夫に店を任せて久しぶりに旧軽井沢にある大好きな
ビストロフレンチ「ル・ビストロ・デ・グルマンディーズ」さんに母と二人でランチに行ってきました。

いつも通り、見た目も美しく美味しいアントレ(今回は田舎風パテ&信州サーモンのサラダ)と
メインのお料理(マグロのグリル&子羊の煮込み)を母とシェアし、食後のコーヒーを待っていると、
いつも笑顔が素敵なシェフの奥様が満面の笑みを浮かべながら、大きなデザートプレートを私たち
のテーブルに運んできてくださり、なんとプレートの中身はあの南仏の美しいラベンダー畑の光景
を見た直後に現地のレストランで食べた幻の「ラベンダー クレームブリュレ」でした。
以前、南仏でも修行をされたご経験があるオーナーシェフのご主人と話をした際、いつかこの味を
再現したいとおっしゃっていましたが...ラベンダーの美しい今の季節に実現してくださった事に
感謝です。

何て嬉しいサプライズでしょう!スプーンですくって口の中に運ぶと濃厚なカスタードクリーム
の中にほんのり漂うラベンダーのやわらかな香りが口中に広がり、南仏のラベンダー街道で見た
見事なラベンダー畑の光景が脳裏に蘇りました。またクレームブリュレの上のサクサクの焦がし
砂糖のほんのり苦味のあるキャラメル味とラベンダー風味のカスタードクリームが絶妙にマッチし、
「南仏を代表するデザートの傑作」といっても過言ではないくらい美味しい南仏の夏らしいデザート
に感動しました。偶然にも十数年前に初めて南仏へ行った時は母も一緒だったので、母も同様にシェフ
の粋な計らいに感謝し、本当に嬉しそうでした。

「ル・ビストロ・デ・グルマンディーズ」さんは、いつも美味しいお料理とデザートを提供してくださる
だけではなく、懐かしい南仏の記憶を思い出させてくれ、また、店内にはいつも幸せな空気が流れて
いて、何とも言えない至福の時を過ごすことができる特別な場所です。きっとオーナーご夫婦
のお人柄のせいなのでしょう。私たちももっと見習わなければといつも反省しています。

こちらのデザートは季節限定かもしれませんので...是非、気になる方はお急ぎください!
<ル・ビストロ・デ・グルマンディーズさんの詳細はこちら>
スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。