スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luciole

私の父が友人たちと管理する「軽井沢借宿・ビオトープステーション*(KBS)」では、
毎年この時期になると蛍(ホタル)鑑賞を楽しむことができます。
*ビオトープ(=Biotope ドイツ語で「野生生物生息空間」という意味)

都会育ちの私は子供の頃、都内の某ホテルの夏のイベントで蛍を見た記憶があるくらいで
こちらに移住するまで、じっくりとしかもこんなに間近に蛍を見たことはありませんでした。
夫も子供の頃、パリ郊外の大叔母さんの別荘へ行った際、何やら「飛ばない蛍」を見たことがあるとの
事ですが...これまで何度も父の家に蛍を見に行っていますが、いつも誰よりもはしゃいでいます。(笑)
真っ暗なビオトープ一面に蛍が舞う光景は本当に神秘的で、軽井沢ならではの「とっておきの贅沢」と
言えるでしょう。

軽井沢には塩沢地区など、他にも蛍の名所として自然を保護している場所がいくつかありますが、
2008年に発足したKBSは、借宿・追分地区の地域活性のための活動の一環として、地主さんたち
の理解や協力を得て、農業放棄地をビオトープとして再生させ、蛍をはじめ、野鳥やどじょう、蝶と
いった今では希少となりつつある生物たちを復活させるなどの自然生態系の再生のための活動を行い、
毎年、県内外から訪れる多くの園児や児童たちに自然教育の場を提供しています。
【KBS事務局:Tel/Fax 0267-42-2422】

夫いわく、まだ、蛍がなぜ光るのかの謎は科学的にも完全には解明されていないそうです。
このような偉大なる自然(生命の神秘)を私たち大人は次世代にもきちんと残さなければなりませんね。
微力ながら、まずはビオトープの草刈りの仕事を夫と手伝いたいと思います。

蛍 蛍2




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。