スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

La Maison du coeur

shinatetsu.jpg

短かった夏が終わり、初秋を迎えてすっかり秋めいてきた軽井沢..
今年の夏は冷夏で、涼しかったというよりは夜中は毛布が必要なほど冷える日も少なくなく、
こちらに移住して以来初めてと言っても良いくらい、かつての軽井沢を思わせるような過ごし
易い夏でした。

また、シーズン中なので今年も山や海などの行楽地を訪れることはありませんでしたが、
毎日、軽井沢の美しい自然やアンティークたちに囲まれ、癒されているのが幸いです。

antiques.jpg

antiques3.jpg

今夏、地元の新聞社(軽井沢ニュース様)から、夫Raphaelがフランス買付け時の秘話や
子供時代に軽井沢で過ごした思い出などについて取材に応じさせていただいただく貴重な
機会をいただきました。

Knews.jpg

やはり軽井沢の歴史を振り返るとかつて、当時日本に住んでいた外国人たちが避暑地として
過ごした日本の中の「小さな外国」という印象が強く、また、横浜や神戸のような都会ではなく
農村部にありながら西洋文化の影響を色濃く受けた日本唯一の地と言っても過言ではないと思います。
都会の華やかさとは異なる素朴ながらも当時の外国の人たちが軽井沢の静かな森の中での暮らしや
自然豊かなヨーロッパの田園を思わせるような美しい光景に遥か遠くの故郷とを重ね合わせた「心の故郷」
として発展してきた歴史こそが軽井沢ならではの世界に誇るべき大切な財産ではないかと思います。

bambi.jpg

先日、行われた「G7交通大臣会議」のように日本から世界に発信する招致地としてこれから
期待される軽井沢ですが、これまで培ってきた「心の故郷」としての軽井沢ならではの
自然と共存してきた独自の文化も大切にしていってもらいたいなと切に願います。

幼少の頃から夫Raphaelも日本に居る間は、軽井沢でフランス人の母や親戚たちと夏を過ごした
懐かしい思い出があるそうです。軽井沢の森の中で絵を描くことが趣味だったという義母
Armelle も軽井沢の美しい自然の中に遥か遠くの故郷を重ね合わせていたのかもしれません。
また、義母は私たちに古いものを大切にするという、フランス人ならではのとっておきの贅沢を
教えてくれました。

antiques2.jpg

今、こうやって、外国人たちの「心の故郷」として発展してきた歴史を持つ軽井沢で
義母の祖国フランスから直接、自分たちの目で厳選してきた美しいフレンチアンティークの
品々を日本のお客様にお届けできることは本当に光栄であり、また、宿命のようにも感じます。
きっと、天国の義母も「心の故郷」軽井沢でフランスの美しい文化を継承すべく仕事に携わる
夫を誇りに思っていてくれるはずです。

antiques4.jpg

一足早く訪れた秋の雰囲気を楽しみに軽井沢にいらしてみてはいかがでしょうか。
今月から「紅葉まつり」が始まり、町では様々なイベントが目白押しです。
軽井沢にお越しの際は、ぜひ、小さなフランスを感じにオ・ボール・ドゥ・ローへお立ち寄りください!

kamban.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。