スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salut, France!

af.jpg

成田からパリCDG空港を経由し、軽井沢のフレンチアンティーク"Au Bord de l'Eau"のアンティーク
ハンティングの活動拠点である南仏に無事戻って来ることができました!

CDG.jpg

夜の8時過ぎにマルセイユ空港に到着した私たちをまず待ち受けていたのは、タクシー会社の
ストライキ...たまたま、タクシー乗り場でデモの様子を見守っていたタクシードライバーに夫が
話しかけるとそこは人懐っこい南仏人、日本から事情を知らずに来た事を伝えると勤務中では
ないので無償でよいからと快く空港近くのホテルまで送ってくれました。別れ際に夫がお礼の
チップを渡そうとすると彼は少しはにかみながら「困っている人を助けるのは当たり前だから...」
といつも親切にしてくれる南仏の人たちに感謝します。

green field

前回訪れた、未だ夏の余韻が残る昨年9月から約4ヶ月が経ちましたが…南仏は例年にも
増して暖かく、まさに春うららの気候です。地元の人々曰く、「今年は冬は来なかった...」
と言うほどで、まるで春のように穏やかな冬を迎えており、南仏の明るい太陽が極寒の軽井沢
から来た私たちを温かく出迎えてくれているようです。

almond.jpg

そして、至るところで真冬だというのに桜の花?(夫曰く、よく似ていますが桜ではなく、
アーモンドの花のようです)が満開です!

mimosa up

上の写真は南仏の風物詩として有名な春一番に咲く、小さな太陽のように鮮やかな黄色い
可憐な花を咲かせる可愛いらしいミモザです。1月後半~2月末にかけて咲き、地中海沿いに
ある通称ミモザ村(Bormes les Mimosas)からニース方面に香水の町として知られるグラース
までを結ぶ全長約130kmのミモザ街道(Route du Mimosa)を今回たまたま移動途中に通った際に写した写真です。

kaido.jpg

元々、オーストラリアを原産地とするミモザは、19世紀後半にイギリス人が別荘の庭に植える
ために南仏に運んで来たのだそうです。コート・ダ・ジュールの温暖な恵まれた気候と良く合い、
今では野生化するほど増殖し、ミモザ村をはじめとするミモザ街道に沿った村々では毎年ミモザ
祭りが開催されており、街角のお花屋さんやマルシェにも沢山可憐で美しいミモザが並びます。

flo.jpg

そして、写真ではお伝えできないのが残念ですが、窓の外からは軽井沢の遅い春(5月末)を思わせる
心地よい小鳥のさえずりが聞こえ、暖かな日が続く、南仏プロヴァンス&コート・ダ・ジュール...

mimosa.jpg

到着後、数日は肩慣らしで地元で毎週開かれる蚤の市へ行ったり、懐かしい地元の友人や
馴染みのディーラーたちのもとに挨拶に行き、主に小ぶりの家具、レースや絵などの雑貨を仕入れ
て来ましたが、いよいよ明日からはデバラージュ(プロ向けアンティーク大市)の本番開始です!

nomi 2

ml.jpg

mse.jpg

今回もアンティークとの素敵な出会いが沢山ありますように!


スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。