スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

形あるもの

店内の掃除をしている際、うっかり仏リヨンのアンティークレモネード瓶を落として破損してしまいました。
形あるものはいつかは壊れる運命、そしてブロカントという職業柄避けては通れないことですが、
遥遥フランスから日本までは無事に届いた貴重な品だけに...残念です。

割れた瓶

吹きガラスならではのムラや気泡...割れてみて、改めてアンティーク瓶の巧みな作りに圧倒させ
られます。現代のように大量生産する技術がなかったからこそ、ひとつひとつ丁寧に手作りされていた
瓶たちはこの世に二つとない個性を持ち、何とも言えない温もりがあります。
(まだ数本在庫があってよかった!)

明朝、夫の駄目だしが出る可能性はありますが...私物としてアンティーク瓶の第二の人生を模索中~

瓶とあじさい
スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。