Home sweet home

angel.jpg

フランスに来てから一週間半以上が経過し、アンティークハンティングもいよいよ終盤に差し掛かっています。

ビッグフェアの開催スケジュールがいつもと異なり、買い付けのペースに慣れるのにも若干苦労しましたが…今回も本当に素晴らしいアンティークたちとの出会いが沢山あり、約三ヶ月後に日本に到着するのが今から待ち遠しいです。
(今回買い付け分の一部の商品です↓)

Ae.jpg

お客様から、以前あった商品と同様のものを買ってきて欲しいとのリクエストを頂くことも多いのですが…基本的に大半が一点物というアンティークの特製上、アンティークとの出会いも人との出会い同様に一期一会で、多くのケースでご期待に応えることができないのもアンティークの難しいところであり、また、予想外の素敵なアイテムに遭遇することがあるのもアンティークならではの醍醐味です。

VN.jpg

今回もフランスならではの歴史を感じる素晴らしいアンティークやブロカントたちとの素敵な出会いが沢山ありました!
どういった背景のもと、どのように使用されていたかなど...背景にまつわる歴史を想像するのもアンティークの魅力のひとつなので、仕入れの際はできるだけ売り手からその歴史を聞くようにして日本のお客様にもお伝えできるよう心掛けています。
ビッグフェアで出会ったフランス全土から集まった各分野に精通したディーラーをはじめ、これらのアンティークを直接オーナーから仕入れた現地ディーラーたちとの関係を築くことも買い付け時の重要な要素であり、長年培ってきた彼らとの信頼関係は大きな財産です。

mirroirs.jpg

また、一旦「フランス人スイッチ」が入ると言葉も振舞いも現地の人々と同化(!?)する、日本とフランスハーフの夫 ことオ・ボール・ドゥ・ローのオーナー ラファエルの存在にもあらためて感謝です。

raphael.jpg us.jpg

そして、今回もアンティーク同様に私たちを魅了してやまない南仏プロヴァンスの素晴らしい景色が優しく癒してくれました。

evening sun

明日には南仏を離れ、いよいよ旅の最終目的地パリに移動します。
快適とまでは言えませんが、"Au Bord de l'Eau(水のほとり)"に佇む軽井沢の自宅にいるような安らぎを与えてくれた仮住まいの部屋から見える湖畔の景色とも暫しのお別れです。

swan.jpg

Merci et a bien tot, Provence!

スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR