スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Notre nouvelle boutique

shop2.jpg

2015年 4月29日(水)に同じ軽井沢町内の国道18号線離山信号付近に実店舗を移転いたしました!

これまで限られたスペースだった自宅兼店舗の旧店舗に比べると広さも約1.5倍になり、ちょうど
軽井沢駅と中軽井沢駅の中間あたりに位置する、国道18号沿いのわかりやすい場所だという
アクセスの良さが何よりもの改善点だと思います。

naka2.jpg

※ 国道18号「離山」の信号真横にあるベージュのタイル貼りの建物の1階です。

soto.jpg

また、シーズン中は定休日(火曜・水曜)以外の営業時間内(11:00~17:00)であれば、事前に
ご予約いただかなくてもいつでもご来店いただくことが可能です。

naka3.jpg

shop4.jpg

もちろん、旧店舗の森の中にひっそりと佇む静かな環境や用水路が流れるお庭を愛してくださった
お客様も大勢いらっしゃると思うと少し寂しい気持ちもありますが、自宅はこれまで通り
"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"で変わりありませんので、機会がありましたら是非、また遊びに
いらしてくださいね。

terrasse.jpg

お蔭様で軽井沢のフレンチアンティーク「オ・ボール・ドゥ・ロー」も今年で4年目を迎えます。
これからも、夫の母の祖国フランスで厳選してきたとっておきのアンティークの品々をお届け
できるよう努めてまいりますので、今後ともご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。