スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quelles Belles Dentelles...

cherie.jpg

ゴールデンウィーク中は道路が渋滞する中、遠方より沢山の方々にご来店いただき、大変感謝いたします。 高原 軽井沢ならではの「遅い春」を楽しんでいただけましたでしょうか。

GW中、自宅庭の大山桜もちょうど満開になりました。ソメイヨシノなどに比べると控えめですが、今年も元気に可憐な花を咲かせてくれました。

大山桜は長野県の天然記念物に指定されており、軽井沢に引っ越して来た際に「大山桜を守る会」の自称メンバーである父に影響され、記念に庭に植えました。花は少めですが...力強く咲く様子はソメイヨシノとは一味異なる可憐な美しさがあります。

lace up

大山桜のように可憐な美しさで私たちを魅了するアンティークレースたち。今春のフランス買付けでは、幸運にも美しいアンティークレースを沢山仕入れることができました。

帰国後は仕入れたレースの手入れや補修作業に追われていますが...
スーツケースやフランスから届いたダンボール箱の中からレースを広げる度にうっとりするほど美しい光景に毎日感動し、癒されています。実際にレースカーテンを窓辺に吊るすと光がカーテンに溶け込み美しさが倍増しますね♪

rideau4.jpg

アンティークレースの仕入れは、できるだけ状態の良いものを厳選していますが、中には1800年代の大変古いものや補修手入れが必要な物もあり、今のままでも素敵だけれど、もっと本来の美しい姿に戻って欲しいとの願いを込めて、毎日ちくちく、かつてフランスの女性たちがレース作りに愛情を込めて挑んだように針仕事にも精が出ます。

lace corner

繊細なカットワークが見事なリシュリュー、チュールやオーガンジーをはじめとする可憐なレースは女性にとって永遠の憧れですよね。今回は、癒しのアンティークレースの仕入れについて少しお話したいと思います。

特に日本では珍しい大判レースを仕入れるためには、何人ものアンティークレースディーラー先を渡り歩かなればなりません。毎週、開かれるような蚤の市でも安価なレースを見かけますが、殆どの場合、全く別物です。アンティーク家具同様にしっかりとした仕入れ先から、本物のアンティークレースを仕入れることは容易ではなく、とりわけフランス本国でも希少な大判レースは、ある意味、家具の買付け以上に労力が掛かり、何よりも信頼のおけるディーラーたちとのコネクションが重要になります。

Chez R

写真は信頼する師匠、25年以上のキャリアを持つレースディーラーのマダムの自宅兼アトリエを訪れた時のものです。レースディーラーの大半は女性で、自宅にアトリエ倉庫を構える人が多いので、なかなかプライベートな写真を撮らせてはもらえないのですが…生粋の南仏人で陽気なマダムは日本のアンティーク レースファンのためならと快く許してくれました。

マダムのセンスの良さは、インテリアにもしっかり現れていました。写真ではわかり辛いと思いますが、1Fの リビング部分はかつては馬屋だったそうです。写真の右奥に見える棚は18世紀のライブリー棚を壁に填め込み、自分で白くリペイントしたそうです(!)

写真(下)はアンティークレースの端切れをランプシェードにお洒落にデコレーションしたもので
すぐにでも真似したい、マダムのセンスの良さに脱帽です♪

maison B

"Maison Blanche"という名がぴったりの白で統一されたマダムのお洒落な自宅兼アトリエに酔いしれる暇もなく、お宝探しの真剣勝負。

tresor.jpg

写真は本当にごく一部ですが、世界中にバイヤーの顧客を持つマダムご自慢のコレクションの宝の山の中から一枚ずつ、念入りに買付け商品を選んでいきます。

どんな素敵なレースが潜んでいるんだろう!?との思いを膨らませながら一枚ずつ丹精込めて作られたレースを丁寧に開いていく瞬間が大好きです。

lot de dentelles

無数のコレクションから選ぶ事、3時間...基本的にレースの仕入れは私が担当なので、その間、夫は我慢強く待ってくれています。(可愛い相棒が居てくれてよかった!)

raphchien.jpg

飛行機の中で、第二次世界大戦時代を舞台にした「Allied (マリアンヌ)」というタイトルのブラッド・ピットとフランス人女優M.コティヤール主演の映画を観たのですが、フランス統治時代のカサブランカ(モロッコ)にある主人公が住むアパルトマンの部屋のシーンで窓一面に溜息が出るほど美しい白いコーネリー刺繍が入ったオーガンジーカーテン、そして、ベッドにはリシュリューレースのベッドカバーが掛けられているのを見て感動し、何度もそのシーンを再生して見入ってしまいました。(残念ながら、写真ではカーテンがよく見えませんが何卒ご了承ください)

allied-2.jpg
(出典 映画「Allied(マリアンヌ)」)

この映画に限らず、海外の映画やドラマを観る際には職業柄、ストーリーや人物よりも背景に使われているアンティーク家具やレースなどの小道具の方にどうしても目が行ってしまいます。

本当にあんな風にレースカーテンやベッドカバーが使われていたんだと思うと、今も昔も変わらず、私たちを魅了してやまない、フランスで仕入れた希少なアンティークレースをとても愛おしく感じます。

rideau5.jpg

映画のシーンに出てくるような美しいフレンチアンティークならではのノスタルジックな世界観を演出してくれる本物のアンティークレースたち...

今春の買付けでは、現地でのネットワークを駆使し
沢山の美しいアンティークレースを仕入れることができました!

南仏を中心にフランス全土のアンティークレース ディーラーたちから仕入れたうっとりするほど美しい希少なレースの数々...以前より、お客様からのご要望が多かったこともあり、今シーズンはレースの仕入れに力を入れています。

Coussins.jpg

随時、ネットショップの方にも商品をアップしておりますが、全てオリジナルの1点物となりますので気になるお品がありましたら、ぜひ、この機会にご検討ください!

写真(上)のように実店舗では、手軽にお部屋のインテリアに加えていただけそうな美しい刺繍やカットワークが施されたお洒落なクッションカバーも多数入荷しています。

また、ドイリーやハンカチーフなどの小ぶりレースも多数ご用意しておりますので、軽井沢へお越しの際は、ぜひ、実店舗の方にもお立ち寄りくださいませ。

Pdentelles.jpg

今シーズンも皆様とフレンチアンティークとの素敵な出会いがありますように♪

SP.jpg


スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。