スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Provence, notre champ de bataille


top.jpg

Bonjour!

約2か月ぶりに再び南仏の地に戻ってきました!
辺りは、広大な大地を艶やかな絨毯のように埋め尽くすコクリコや菜の花、しっとりとした大人の美しさを奏でる藤、そして、フレンチアンティークのように上品でエレガントなローズなどの春を代表する花々が満開です。

nanohana.jpg

fuji.jpg

redroses.jpg

mokkou.jpg

roseisa.jpg

まだ朝晩は多少冷えますが、日中は心地のよい温かな太陽の光と時折吹く清々しい風を肌に感じる
むしろ春と言うよりは初夏の気配が感じられる南仏プロヴァンス…いよいよアンティークハンティング
のリベンジマッチがスタートしました!
今回は2月のリベンジと言うこともあり、いつも以上に毎日、早朝から南仏中をトラックで走り回り、
アンティークの買い付けに汗を流しています。

morning.jpg

そして、買付けの合間にその日訪れた町や村のマルシェや商店に立ち寄り、地元の旬の食材やワイン
を調達するのもフランス買い付け時(一番?)の楽しみのひとつです。

saucisson.jpg

fromage.jpg

今はちょうど地元産のみずみずしいメロンが旬の季節で、かつて夫と南仏をはじめて訪れた際毎朝
ホテルの朝食ブッフェで食べた懐かしい味です。南仏のワインのように太陽の恵みを沢山貰って育った
メロンは糖度がとても高く、その芳醇な味と香りは地元産の濃厚な味のチーズやソーシソンとの相性も
良いので毎回マルシェで調達しては毎晩のように食卓に並びました。

melon.jpg

diner.jpg

日本では食材の買い物には極力時間をかけない夫もこちらでは長い棚にずらりと並んだ沢山の種類
のワインの中からその日に飲む一本を選ぶのに毎日必死で(笑)その間、私もゆっくり買い物が出来る
ので嬉しいです。

wine.jpg

アンティークもこんなふうにゆっくりと選ぶことができたらよいのですが…
アンティークとの一度きりの運命の出会いに悔いがないよう、フランス語力に加えて、値段交渉から
商品の見極めまでを瞬時に判断する能力が求められるアンティークの仕入れ…やはり、夫Raphaelの
存在は偉大です。

mirroir2.jpg

日本人をはじめ外国人バイヤーが増える昨今、外国人には高額な値段を要求してくるディーラーも
少なくない中、はじめて交渉するディーラーの場合は日本人の私のせいで相手に夫が外国人だと
いうことを気付かれぬよう、最初は少し離れたところから見守り、値段交渉がある程度進んだ時点
で夫に近付き、最終交渉に参加すると言うのが私たちのいつもの作戦です(汗)。

vin.jpg


そして、短期間で夫が腰痛を克服し、私たちにとってかけがえのない神聖なBattlefield(戦場)!?
である南仏に再び戻って来られた幸運に心から感謝したいです。

end.jpg

世界にひとつだけのアンティークハンティングの旅はまだ来週も続きます。

isa.jpg



スポンサーサイト

Au temps des cerises

sakura1.jpg

遅い春を待ちわびる軽井沢...すっかり春らしくなり、桜の開花までもあともう少しです!
今年はGW前に咲き始めるかもしれませんので、軽井沢での今年二度目のお花見を楽しみにされている方は少し早めにお越しになられる方が良いかもしれません。

sakura2.jpg

私たちも待ち切れず、定休日を利用して「真田丸ブーム」に揺れる上田城跡公園へお花見に行ってきました。
桜祭りが始まる前日だったので、まだ七部咲き程度でしたが...本当に日本人のDNAには桜が刻まれているのでは!?と思うほど
やはり桜は花の中でも特別な存在で、いつ見ても日本人の魂を感じるかのようなその可憐な美しさに魅了されます(笑)。

sakura5.jpg

もはや、お花見は日本のものだけではなくなりつつあるようです。日本が親善の印にと世界中の都市に桜の木を贈ったことで、毎年春になると世界の至るところで桜を祝う文化が浸透し、自然と人々に日本を感じてもらえる習慣が根付いたことは本当に素敵なことですね♪

私もかつて米国カリフォルニア州に住んでいた頃は毎年、現地で美しく咲き誇る桜並木を見ては日本
を感じ、また、異国の地で美しく咲き誇る桜に勇気付けられ、本当に誇らしく感じたものです。
夫Raphaelも同じく、子供時代を過ごしたフランスやベルギーで同様の経験をしていたそうです。



いよいよ来週からGWということで、冬の間、閑散としていた軽井沢の町も次第に活気付いてきました。これから、沢山の方々が軽井沢を訪れる時期ではありますが…前回の渡仏直前から腰を痛めていた夫の腰の具合がだいぶ良くなったので、来週から、約二ヶ月ぶりに再びフランスへリベンジの買付けに行くことになりました。今年は軽井沢でお花見をすることはできませんが…桜同様に私たちを魅了してやまない世界に一点だけのお宝フレンチアンティークハンティングに励んでまいりたいと思いますので、乞うご期待ください!

なお、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、渡仏期間中、実店舗の方はお休みさせていただきます。GW後半の5月6日(金)には再開いたしますので、軽井沢へお越しの際には、ぜひ、小さなフランスを感じに軽井沢のフレンチアンティーク「オ ボール ドゥ ロー」にお立ち寄りくださいませ♪



プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。