Céramiques Pichon

Pichon_1_convert_20140301100248.jpg

待望の"Ceramiques Pichon"の新商品がフランスから到着いたしました!
暫くの間、在庫薄で中には何ヶ月もお待ちいただいていたお客様もおり、本当にお待たせいたしました。
現在、ご注文いただきましたお客様を優先に対応させていただいております。

プライベートでも仲良くさせていただいているお客様で、先日(2月1日)東京 吉祥寺の閑静な住宅街に
フランス料理とワインのお店をオープンされたばかりの"tendre"さんから、早速、素敵な写真を送って
いただきました。

Pichon_4_convert_20140301102044.jpg

フランスで修行されたシェフお手製の美味しそうなお料理が盛り付けられ、"Ceramiques Pichon"
の食器が一段と輝いて見えます!私たちもオープン直後にお邪魔させていただきましたが、手の込んだ
煮込み料理などフレンチビストロならではの肩肘を張らずに楽しめる、どことなく懐かしい美味しい
お料理を堪能できる素晴らしいお店です。

Pichon_3_convert_20140301102337.jpg

ちなみに"tendre"さんは東京(吉祥寺、西荻窪)と軽井沢にあるネパール料理の有名店"Sajilo"さんと
同じオーナーご夫妻が経営されるお店です。お料理が美味しいのは勿論の事、アンティークの中でも特に
フレンチアンティークがお好きだというご夫妻のセンスが光る素敵な店内にも大変定評のあるお店です。

Pichon_2_convert_20140301100703.jpg

現在、軽井沢店"Sajilo Forest"さんは冬季休業中ですが、春には再開される予定ですので、未だの方は
ぜひいらしてみてください♪ 本当にどのお店もため息が出るほど、素敵です!

フランス料理とワインのお店 "tendre"さんの詳細は、こちらからどうぞ

また、当店 オ・ボール・ドゥ・ローが扱う "Ceramiques Pichon"の詳細については、こちらをご覧ください。

スポンサーサイト
プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR