スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Deuxième Anniversaire

anniversaire.jpg

早いもので、昨日で私たち夫婦が東京から軽井沢に移住してまる2年になりました。
写真(上)は、開店当初より仲良くさせて頂いているご夫婦が営む旧軽井沢で今話題のビストロフレンチ
「ル・ビストロ・デ・グルマンディーズ」
さんの処へ「移住2周年記念」のディナーへ伺った際、サプライズ
プレゼントして頂いたデザートプレート(ラベンダー香るクレームブリュレとフランボワーズソースが
掛かったバニラビーンズアイス)です。いつも美味しいお料理と心和むおもてなしを提供して下さる
Mご夫婦に心から感謝です!

2年前の引越し当日、首都高が混雑していた事もあり、軽井沢に到着したのは午後9時をまわり、
まだ9月だと言うのに当時の気温は6℃でした。新居に到着するやいなや暖房を付け、ダンボール箱
の中から真新しい布団をとり出し、夫と私、すもも(愛犬)とで一緒に丸まって寝たのがついこの間の
ことのように思い出されます。

移住した当初は東京が恋しく、何かと用事を見つけては東京へ舞い戻っていた時期もありましたが...
今では、たまに東京へ行くことがあってもすぐに軽井沢が恋しくなり、こちらへ戻って来る途中で浅間山
が見えてくると本当にホッとします。

こちらへ移住してきた知人たちも皆声を揃えて言うことですが...まるで、浅間山(Mother of Earth)の
スピリチャルパワーに洗脳されたかのように浅間山を見ると不思議と気持ちが穏やかになり安心します。

都会と違い、色々と不便な点もありますが...本当にこのような美しい自然に囲まれた環境の中で暮らせる
ことを幸せに思います。


スポンサーサイト

Visite surprise

oiseau.jpg

昨日の軽井沢は最高気温が14℃と肌寒く、ホットチョコレートが恋しくなるような気候
でしたが...今日は昨日とはうって変わり、清々しい秋晴れとなりました。

思わず人間もウキウキするような気持ちの良い日だったので、野鳥たちも久しぶりの
晴天を待ちわびていたのか、庭からは鳥たちの可愛らしい声が響き渡っていました。

「本当に森の中に居るんだな~」と実感しながら、午後の穏やかな時間を過ごしていると
突然、窓から”バタバタバタ”という大きな音がしたので、どうしたのかと思い窓の近くへ
寄ってみると、どのように入ったのか?窓と網戸の隙間に小さな野鳥が迷い込んでいる
ではないですか!

窓を開けて逃がしてやりたくても、その前に網戸を開けなければならず...家の中に迷い
込んでは大変!と二階で仕事をしていた夫を無理やり呼び出し、どうにか救出してもらおう
とジタバタしている間に野鳥は自力で脱出に成功!!
怪我もせず、無事に脱出できたようでホッとしました。

ちょうど明日で、私たち夫婦が森(軽井沢)の住人になってからまる二年になります。
私たちよりも遥か昔から森の中で静かに暮らしている野鳥や猪、狐などの野生動物たちに
これ以上迷惑が掛からないよう配慮できないものかと少し胸が痛みました。

Bain de soleil

bain de solein  bathing in the sun

先週末(三連休)で軽井沢のハイシーズンも終わり...町は静けさを取り戻しつつあります。
又、朝晩は上着(布団)が必要になるほど肌寒くなり、すっかり秋めいてきました。

今朝も冷たい雨が降っていましたが、昼前から雨もやみ、午後からは久しぶりの秋日和となりました。

我が家のアイドル(すもも)も、向日葵のように太陽が移動する方向へと場所を変えては久しぶりの
”日向ぼっこ”を楽しんでいるようです。

ハイシーズンは終わりましたが、これから秋の紅葉も見応えがありますので、ぜひ、軽井沢にお越しの
際は、森の中のフレンチアンティークショップ”オ・ボール・ドゥ・ロー”にもお立ち寄りください♪

Frères et Sœurs

baby picture

夫には兄、私には妹が一人ずつおり、今週末、偶然にも夫の兄からは絵葉書(エアーメール)が届き、
私の妹は三連休を利用し、約半年ぶりに東京から軽井沢に友人と遊びに来ています。

現在、パリ在住の兄は、先週末、ボルドー近郊にあるメドック(Pauillac-Medoc)という街で開催
されたフルマラソンに初参加したとの事、これまで家族が心配する程仕事が多忙でしたが...最近、
少しはゆとりが出来たのか(?)、自宅近くのブローニュの森でジョギングをするようになったそうで
先月はアルプスの山で自己トレーニング(?)に励み、先週末のフルマラソンで見事完走したとの事
でした。一方、夫は軽井沢に移住するまでは、近所の公園で毎朝ジョギングをするのが日課でしたが
皮肉にも今は自然の中で暮らしているにも関わらず、移住後すぐに冬になり、外には街灯もなく早朝の
ジョギングは危ないので、それ以来、ジョギングは断念し...今は私と糖質オフ ダイエットに励む
日々です。(苦笑)義兄とは昨年の春にパリで会って以来ですが...再会したら互いの変貌ぶりに驚く
かもしれません。
Best of Marathon du Medoc 2012

私の妹は金曜の夜から軽井沢の両親の家を友人と二人で占領し、軽井沢の自然を楽しんでいるかと
思いきや、アウトレットや持参したDVD鑑賞に耽っている様子。妹も普段は仕事が忙しく、週末は趣味の
ゴルフで気分転換しているようですが、約半年ぶりに会った表情は少し疲れているようだったので...
つかの間の軽井沢を(彼女なりに)満喫してもらえればと思います。

夫と義兄、私と妹、それぞれ今は遠く離れたところで暮らしていますが、同じ両親のDNAを受け継ぎ、
同じ家族のもとで共通の時間を過ごした過去(歴史)を持つ同士として、これからも互いを敬い、大事
にしていければなと思います。


Plateau de Sugadaira

菅平1_convert_20120906142012

今日の軽井沢はあいにくの雨ですが、昨日は清々しい秋日和でした。
店をやっていると、日頃どうしても店(自宅)にこもりがちになるので...
最近、定休日になるとドライブに出かけることが多く、昨日は軽井沢から約2時間弱の
高原地「菅平高原」へ行ってきました。

軽井沢も涼しく快適ですが、さらに標高の高い菅平は清々しく、高台から見る北アルプス
をはじめとする山々や林の景色も絶景でした。菅平のピークは冬(スキーシーズン)という
こともあり、正直、町は閑散としていました。また、9月に入り、平日ということもあって
最初に車を止めて訪れた「菅平牧場」もほぼ貸切状態...敷地内にある「ふれあい牧場」
にはうさぎや子牛、山羊などがいて、可愛い動物たちのしぐさを観察したり、芝生の上に
寝転んだり...ゆったりと流れる時間の中でのんびり休日の午後を過ごすことができました。

また、かつて菅平高原があった旧真田町(現在は上田市、小県郡 丸子町、武石村と合併)
は「世界経済フォーラム(通称ダボス会議)」が開かれることで有名なあのスイスのダボス町
と姉妹都市提携を結んだ歴史があるそうです。そんなこともあり、「日本ダボス」という名前
の付いたゲレンデや町の至るところにスイスの国旗、スイス風のコテージなどがあり、高原
の小さな町の風景はどことなくアルプスを思わせる風情があって素敵でした。

菅平3convert_20120906151037


Coudre

garden bench

開店以降、忙しい事を言い訳にずっと後回しにしてきた小物作り(縫物)を最近ようやく始めました。
きっかけは、先週、東京から遊びに来ていたい母の友人からの手ほどきでミシンの使い方を教わる
ことができたからです。最後にミシンを使ったのは、確か高校の家庭科の授業でスカートを作った時
以来なので本当に何十年ぶりかだったのですが、一旦覚えるとその面白さに魅了され、夫も呆れる
ほど夢中になりつつあります。

まずは、以前から気になっていたアンティークアイアンベンチの上に敷くマットレスカバーとそれに合う
クッションを作り、その後もマットレスが無く寂しかったガーデンソファーのマットレスカバーやクッション
などをせっせと作っています。完成した時の達成感も良いのですが、一番の楽しみはシャビーな
アンティークベンチや椅子などにマッチするよう、布(色)の組み合わせを考えながら仕上がりを想像
することかもしれません。できるだけアンティーク本来のシャビーさが活きるよう、アンティーク布(古布)
の力(温もり)を借りながら、新しい布と組み合わせて上手く作るよう心掛けています。

まだまだフランスから仕入れてきた魅力的な古布たちが控えているので...これからも気合を入れて(?)
アンティーク小物の製作にも精を出したいと思います。(笑)

プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。