スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Plus bleu que tes yeux ...

plate.jpg

無事、フランスでの買付けが終わり、眩いばかりの若葉が美しい軽井沢に戻ってきています。
今年のGWは沢山の人々で賑わった軽井沢ですが、今は一時的に静けさを取り戻しています。
GW後から入梅前にかけての今の季節が一番好きだと地元の人たちは皆、口を揃えて言います。
私たちもこの時期の軽井沢が大好きです。

shop.jpg

ぜひ、若葉の美しい季節の軽井沢へお越しの際は、フレンチアンティークの世界観を感じに
「オ・ボール・ドゥ・ロー」にもお立ち寄りください!

shop 2

無我夢中で過ごした南仏での2週間...いつも思うことですが、沢山の素敵な出会いと同時に別れも経験し、帰国直後は達成感に満ち溢れているのですが、その一方で、暫くの間は南仏で見た「青い空」と「青い海」を思い出し、少し寂しい気持ちになります。

sky1.jpg

帰国直後、たまたま車の中で聴いたラジオで流れていたシャンソン
" Plus bleu que tes yeux (あなたの目よりも青く)"を耳にして、南仏で見た数々の美しい
"bleu(青)"を思い出し、思わず目頭が熱くなりました。

VIF.jpg

シャンソン歌手のミューズEdith Piafの冒頭の美しい語りから始まる、とても素敵な唄です。
※宇藤カザンさんの翻訳を引用させていただきました。

Lorsque je lève les yeux,
Je rencontre le ciel
Et je me dis : "Mon Dieu,
Mais c'est sensationnel,
Tant de bleu."

※目を上げれば空が見える
そして私は心に思う
「ああ、なんて青い色に満ちていて素晴らしいのでしょう」

Plus bleu que le bleu de tes yeux,
Je ne vois rien de mieux,
Même le bleu des cieux.

※あなたの瞳よりも青いものなんて
青い空ですらあなたの瞳以上だとは思えないわ

pink roses

恐らく、この唄のメロディーは日本でも多くの方が一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。
シャンソン歌手の巨匠 Charles Aznavour が E. Piafのために作詞・作曲したシャンソンの名曲です。

そんな私に夫が言います。
「軽井沢にはこんなに素晴らしい緑があるじゃないか!(いつまでも思い出に浸っていないで、現実に戻れ!)」と。
南仏のBleu(青)と軽井沢の若葉(緑)を身近に堪能することができる私たちは本当に幸せだなぁと思います。そして、偶然にも信州と南仏Cote d'Azur の両方に因んで私の名前を付けてくれたという父にも感謝したいです。

river.jpg

今回はリベンジの買付けということもあり、沢山の人々の協力もあって、普段以上に気合いの入った
アンティークの買付けができたお蔭で、本当に収穫の多い旅となりました。
そして、いつものように豊かな自然に癒され、沢山の英気を養うことができました。

apart.jpg

アンティークとの出会いは「一度きりのチャンス」なので、もちろん、今回も手に入れることができたもの、できなかったものとがあり、色々な思いはありますが...帰国して数週間が経った今でも
それらひとつひとつの品との出会いが写真のように鮮明に頭の中に残っています。
今回も本当に素晴らしいアンティークたちとの沢山の出会いがあり、感謝の気持ちでいっぱいです。
(↓ある日一日の収穫です)

storage.jpg

南仏には本当にBleu(青)が良く似合います。
私たちの原点とも言える、南仏の「青い空」と「青い海」...そして、時代を経て、さらに輝きを増したであろう、私たちを魅了してやまない美しいフレンチアンティークたち、今回も沢山の素敵な出会いを本当にありがとう。

また、会う日まで♪

harbour.jpg

スポンサーサイト

Provence, notre champ de bataille


top.jpg

Bonjour!

約2か月ぶりに再び南仏の地に戻ってきました!
辺りは、広大な大地を艶やかな絨毯のように埋め尽くすコクリコや菜の花、しっとりとした大人の美しさを奏でる藤、そして、フレンチアンティークのように上品でエレガントなローズなどの春を代表する花々が満開です。

nanohana.jpg

fuji.jpg

redroses.jpg

mokkou.jpg

roseisa.jpg

まだ朝晩は多少冷えますが、日中は心地のよい温かな太陽の光と時折吹く清々しい風を肌に感じる
むしろ春と言うよりは初夏の気配が感じられる南仏プロヴァンス…いよいよアンティークハンティング
のリベンジマッチがスタートしました!
今回は2月のリベンジと言うこともあり、いつも以上に毎日、早朝から南仏中をトラックで走り回り、
アンティークの買い付けに汗を流しています。

morning.jpg

そして、買付けの合間にその日訪れた町や村のマルシェや商店に立ち寄り、地元の旬の食材やワイン
を調達するのもフランス買い付け時(一番?)の楽しみのひとつです。

saucisson.jpg

fromage.jpg

今はちょうど地元産のみずみずしいメロンが旬の季節で、かつて夫と南仏をはじめて訪れた際毎朝
ホテルの朝食ブッフェで食べた懐かしい味です。南仏のワインのように太陽の恵みを沢山貰って育った
メロンは糖度がとても高く、その芳醇な味と香りは地元産の濃厚な味のチーズやソーシソンとの相性も
良いので毎回マルシェで調達しては毎晩のように食卓に並びました。

melon.jpg

diner.jpg

日本では食材の買い物には極力時間をかけない夫もこちらでは長い棚にずらりと並んだ沢山の種類
のワインの中からその日に飲む一本を選ぶのに毎日必死で(笑)その間、私もゆっくり買い物が出来る
ので嬉しいです。

wine.jpg

アンティークもこんなふうにゆっくりと選ぶことができたらよいのですが…
アンティークとの一度きりの運命の出会いに悔いがないよう、フランス語力に加えて、値段交渉から
商品の見極めまでを瞬時に判断する能力が求められるアンティークの仕入れ…やはり、夫Raphaelの
存在は偉大です。

mirroir2.jpg

日本人をはじめ外国人バイヤーが増える昨今、外国人には高額な値段を要求してくるディーラーも
少なくない中、はじめて交渉するディーラーの場合は日本人の私のせいで相手に夫が外国人だと
いうことを気付かれぬよう、最初は少し離れたところから見守り、値段交渉がある程度進んだ時点
で夫に近付き、最終交渉に参加すると言うのが私たちのいつもの作戦です(汗)。

vin.jpg


そして、短期間で夫が腰痛を克服し、私たちにとってかけがえのない神聖なBattlefield(戦場)!?
である南仏に再び戻って来られた幸運に心から感謝したいです。

end.jpg

世界にひとつだけのアンティークハンティングの旅はまだ来週も続きます。

isa.jpg



Nos racines

PF.jpg

約二週間のフランス買付けが終わり、無事に軽井沢に戻ってきおります。
今回も私たちのルーツを感じる素敵な出会いが沢山ありました。

一方で、現地で夫の腰痛が悪化し、ある意味波乱万丈の旅となりましたが…
いつもと違う経験をしたからこそ、実りも多い旅になったのではないかと思います。

opening.jpg

デバラージュ(プロ向けアンティーク市)開催期間中は毎朝4時ごろにはコンドミニアムを出発し、
夫がレンタルしたトラックを運転して時には250㎞以上離れた会場へ、まだ日が昇る前の
暗闇の中、フランスをはじめ、世界中から集まったアンティークハンターたちと会場内のスタンドで
買った温かいコーヒーとクロワッサンを片手に楽しくお喋りをしながらフェアーの開場を待ちます。
フェアー開場前はあんなに皆和気あいあい、和やかな雰囲気なのにフェアー会場後はわれ先
にと猛ダッシュで広大な会場内にあるお目当てのブースへ、詳細についてはご想像にお任せ致しますが、
泣いても笑っても世界に一つだけのお宝アンティークを求めて、それはまさに戦です(苦笑)。

opening2.jpg

アンティークハンティングをはじめてからもう何年も経ちますが、毎回、驚きと感動の連続です。
ゆっくり時を重ねた美しいアンティークとのハッとするような素敵な出会いや、懐かしい日本の品々に出会うこともあります。

ルイ16世様式のチェアの上に無造作に置かれたフランスでも人気のある浮世絵や

ukiyoe.jpg

時代を感じさせる表情豊かな日本人形たち...

ningyo.jpg

そして、時にはこんな珍品に遭遇することも…

cheeta.jpg

いつもアンティークは人との出会いによく似ていると感じるのです。恐らく、もう二度と出会う
ことがないであろう、それぞれが素敵なストーリーと個性を持つアンティークたちとの一つ一つの出会い本当に大切にしたいです。

kaituske1.jpg

今回は、デバラージュ初日に昨年末のコンテナ到着時から腰を痛めていた夫の腰の具合が悪化し、時折、歩くことさえままならなくなってしまいました。
先に購入していた何点かの家具は暫くの間、倉庫に保管することに決め、急遽、家具などの
大型アイテムの仕入れは断念し、今回はレースなどの小型アイテム中心の仕入れに切り替
えることになりました。そして、残りの時間は次回以降の買付け準備を目的としたディーラー
たちとの商談や現地スタッフとの打ち合わせに時間を費やしました。

kaitsuke2.jpg

普段から前向きな性格の半分フランス人の夫は「C'est la vie ! これも人生…」と即座に状況
を受け入れ、こちらでの時間を有効に使えるよう努めていましたが、やはり内心はとても
ショックだったと思います。幸いにも前回分(9月)のコンテナが昨年末日本に到着した
ばかりなので、まだ手元にはネットに未掲載の商品も沢山あり、暫くの間は心配ないはずですが…
夫の腰の具合が回復次第、再びフランスへリベンジの買付けに戻る決意です!

kaitsuke3.jpg

一方で、ゆっくり時間をとって現地関係者と話をする機会が持てたことで貴重な情報を沢山
入手することができ、新たな人脈を築くことができたことも今後の糧になったと思います。

また、普段は入手困難な大判レースなどの素晴らしいアイテムとの素敵な出会いが沢山
あり、手荷物を含め数多くの素敵な品々を持ち帰ってきました。徐々にウェブショップの方にも
掲載していく予定ですので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

cassis.jpg

そして、帰国日のフライトが朝ということもあり、前日にはコンドミニアム(山側)から空港近くのホテル
(海側)に移動したこともあり(夫も運良く運転中は腰の痛みをさほど感じないとのことだったので)
普段は時間がなく、あまり行くことができないコートダジュール(地中海沿い)まで久々に足を
伸ばし、いつもよりも少しだけゆっくりフランスでの時間を満喫することができました。

hyeres.jpg

騒がしい大都会マルセイユの街を少し離れたところにある美味しいワインの産地としても有名な念願の
Cassis(カシ)やコートダジュールという言葉の発祥の地であり、多くの日本人も知る
「La Mer」の作者であるシャルル・トレネも汽車の車窓から見たコートダジュールの美しい海
に魅了され、あの名曲を作詞したとされるHyeres(イエール)にも今回はじめて行ってきました。
いずれもニースやカンヌの街を少しコンパクトにしたような美しい浜辺やヨットハーバーがある
素敵な港町です。

yacht.jpg

日本人の父とフランス人の母を持つ日仏ハーフの夫は、普段はSentiment(愛国心)は日本にあるのだ
そうですが…フランスを離れる頃になるとやっぱり自分はフランス人なんだなーと感じるのだそうです。
日本人の私は海外に長く住んでいる時、日本人としてのアイデンティティーが芽生えるのですが
祖国を二つ持つダブル(ハーフ)ならではの究極な個性なのかもしれませんね。

raph.jpg

フランス人にとっても東洋の血が半分流れる夫のことを最初は神秘的に思うようですが
フランス語を話す日本人とは異なる何か本能的な共通点を感じる方が多いようです。
そんな日本人でありながら、フランス人でもある夫のお陰で、なかなか日本人では体験
できないような貴重な経験や現地人同様のアンティークの仕入れができるのではないかと
思いますので(普段はあまり口に出して言うことはありませんが)今回のアクシデントにも
柔軟に対応することができ、結果的には実り多き旅になったことを夫ことオーナーのラファエル
に感謝します!

sado.jpg

青い空と青い海、そして燦々と降り注ぐ
明るい太陽…

私たちのルーツが沢山詰まった南仏プロヴァンス
&コートダジュール
いつも沢山の素敵な思い出をありがとう!

また、会う日まで!
Merci beaucoup et a bientot!

Salut, France!

af.jpg

成田からパリCDG空港を経由し、軽井沢のフレンチアンティーク"Au Bord de l'Eau"のアンティーク
ハンティングの活動拠点である南仏に無事戻って来ることができました!

CDG.jpg

夜の8時過ぎにマルセイユ空港に到着した私たちをまず待ち受けていたのは、タクシー会社の
ストライキ...たまたま、タクシー乗り場でデモの様子を見守っていたタクシードライバーに夫が
話しかけるとそこは人懐っこい南仏人、日本から事情を知らずに来た事を伝えると勤務中では
ないので無償でよいからと快く空港近くのホテルまで送ってくれました。別れ際に夫がお礼の
チップを渡そうとすると彼は少しはにかみながら「困っている人を助けるのは当たり前だから...」
といつも親切にしてくれる南仏の人たちに感謝します。

green field

前回訪れた、未だ夏の余韻が残る昨年9月から約4ヶ月が経ちましたが…南仏は例年にも
増して暖かく、まさに春うららの気候です。地元の人々曰く、「今年は冬は来なかった...」
と言うほどで、まるで春のように穏やかな冬を迎えており、南仏の明るい太陽が極寒の軽井沢
から来た私たちを温かく出迎えてくれているようです。

almond.jpg

そして、至るところで真冬だというのに桜の花?(夫曰く、よく似ていますが桜ではなく、
アーモンドの花のようです)が満開です!

mimosa up

上の写真は南仏の風物詩として有名な春一番に咲く、小さな太陽のように鮮やかな黄色い
可憐な花を咲かせる可愛いらしいミモザです。1月後半~2月末にかけて咲き、地中海沿いに
ある通称ミモザ村(Bormes les Mimosas)からニース方面に香水の町として知られるグラース
までを結ぶ全長約130kmのミモザ街道(Route du Mimosa)を今回たまたま移動途中に通った際に写した写真です。

kaido.jpg

元々、オーストラリアを原産地とするミモザは、19世紀後半にイギリス人が別荘の庭に植える
ために南仏に運んで来たのだそうです。コート・ダ・ジュールの温暖な恵まれた気候と良く合い、
今では野生化するほど増殖し、ミモザ村をはじめとするミモザ街道に沿った村々では毎年ミモザ
祭りが開催されており、街角のお花屋さんやマルシェにも沢山可憐で美しいミモザが並びます。

flo.jpg

そして、写真ではお伝えできないのが残念ですが、窓の外からは軽井沢の遅い春(5月末)を思わせる
心地よい小鳥のさえずりが聞こえ、暖かな日が続く、南仏プロヴァンス&コート・ダ・ジュール...

mimosa.jpg

到着後、数日は肩慣らしで地元で毎週開かれる蚤の市へ行ったり、懐かしい地元の友人や
馴染みのディーラーたちのもとに挨拶に行き、主に小ぶりの家具、レースや絵などの雑貨を仕入れ
て来ましたが、いよいよ明日からはデバラージュ(プロ向けアンティーク大市)の本番開始です!

nomi 2

ml.jpg

mse.jpg

今回もアンティークとの素敵な出会いが沢山ありますように!


Paris est toujours Paris

Paris3.jpg

帰国する前の一日半という限られた時間でしたが、何年かぶりにParisに立ち寄ることができました!
初めてパリを訪れてから、もう何十年も経ちますが...いつ来てもパリはParisです(笑)

paris2.jpg

ナポレオン三世の構想に沿って大規模な都市改造を企てたジョルジュ・オスマンによって整備され、今もその時代の美しい街並みが残る世界一美しい都と称されるパリ...第二次世界大戦中には奇跡的にドイツ軍による攻撃を逃れ、パリだけは戦火に陥ることがないよう特別に配慮された歴史のある奇跡の都です。そして、今から50年以上前に夫の日本人の父とフランス人の母が良くデートをしていたというパリ16区Passyにある小さなカフェも健在です。むしろ、私たち人間の方が変わっているのかもしれませんね。

gateaux.jpg

夫婦ともども沢山の思い出が詰まったパリで、あれもこれもとやりたいことは山のようにありましたが...限られた時間だからこそ有意義な時間を過ごそうと意見が一致、まずは、85歳と高齢になった夫の母のすぐ下の妹、Tante Noelle(ノエル叔母さん)のエッフェル塔に程近いアパルトマンへ...かつては夫の祖母の家でもあったので夫にとってはとても懐かしい場所です。
Germaineおばあちゃんが孫たちのためによく作ってくれたという、バターとお砂糖だけをトッピングした素朴なクレープやルバーブのタルトを食べてみたかったです!

Noelle.jpg

ノエル叔母さんの家の中には何気に日本の品々が多く、ところどころに今は亡きファミリーの写真が飾られていました。コンソールミラーの上には叔母さんの一番仲の良い姉妹だったという若きし頃の義母Armelleの写真も飾ってありました。ともに日本に嫁ぎ、叔母家族がフランスへ帰国するまでの間、家族ぐるみで東京や軽井沢で夏を過ごした思い出があるそうです。

mere.jpg

そして、ルーブル宮の一画にあるMusee des Arts Decoratifs(装飾芸術美術館)へ。

chaises.jpg

中世から現代までの時代を追った装飾品を展示しているのですが、私たちは中世の時代の品々を展示したフロアへ迷わず直行。ルイ15世をはじめ19世紀の椅子や家具、マリーアントワネットの愛蔵品など憧れの品々がずらりと展示されており、あまりものオーラに思わず鳥肌が立つほど、フランスの華やな時代を彩ってきた品々を間近にして時が経つのを忘れるくらい夢中になり見入っていました。

artdecoratif2.jpg

館内ではフランス国王ルイ15世に仕えたJean Nicholas Fufort de Chevernyの以下の言葉を記したボードを見て感銘しました。

Le gout du vrai beau n'etait pas perdu en France mais la mode l'avait change...
フランスの”真の美しさ”のテーストは失われることはなかったが、流行はそれを変えた
(文章が少し複雑?なので個人の解釈です)

Louis15.jpg

仕事柄、歴史のあるフランスの美しい品々を身近に扱う私たち...本当に身が引き締まる思いです。
そして、夫を含め、フランス人の美的感覚(センス)のよさにはいつも脱帽です。

artdecoratif3.jpg

残りの時間はいつも新しい風が吹くヒップな街 マレ、そして、ちょっぴりスノッブだけれどパリ中のお洒落さんやグルメが集まる楽しい街 サンジェルマン近辺などを散策しました…

stgermain.jpg

そして、パリの街では至る所でさりげなくアンティークを用いた素敵なディスプレーを見かけます。

decoration.jpg

太陽が燦々と降り注ぐ、明るい南仏プロヴァンスも好きですが、やはり、しっとりとした大人のシックな雰囲気が素敵なParisに魅了されます。近い将来、また世界一大好きな街 Parisに戻って来られますように!

concorde.jpg

Merci France, a bien tot!

プロフィール

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。