Au temps des cerises

sakura1.jpg

遅い春を待ちわびる軽井沢...すっかり春らしくなり、桜の開花までもあともう少しです!
今年はGW前に咲き始めるかもしれませんので、軽井沢での今年二度目のお花見を楽しみにされている方は少し早めにお越しになられる方が良いかもしれません。

sakura2.jpg

私たちも待ち切れず、定休日を利用して「真田丸ブーム」に揺れる上田城跡公園へお花見に行ってきました。
桜祭りが始まる前日だったので、まだ七部咲き程度でしたが...本当に日本人のDNAには桜が刻まれているのでは!?と思うほど
やはり桜は花の中でも特別な存在で、いつ見ても日本人の魂を感じるかのようなその可憐な美しさに魅了されます(笑)。

sakura5.jpg

もはや、お花見は日本のものだけではなくなりつつあるようです。日本が親善の印にと世界中の都市に桜の木を贈ったことで、毎年春になると世界の至るところで桜を祝う文化が浸透し、自然と人々に日本を感じてもらえる習慣が根付いたことは本当に素敵なことですね♪

私もかつて米国カリフォルニア州に住んでいた頃は毎年、現地で美しく咲き誇る桜並木を見ては日本
を感じ、また、異国の地で美しく咲き誇る桜に勇気付けられ、本当に誇らしく感じたものです。
夫Raphaelも同じく、子供時代を過ごしたフランスやベルギーで同様の経験をしていたそうです。



いよいよ来週からGWということで、冬の間、閑散としていた軽井沢の町も次第に活気付いてきました。これから、沢山の方々が軽井沢を訪れる時期ではありますが…前回の渡仏直前から腰を痛めていた夫の腰の具合がだいぶ良くなったので、来週から、約二ヶ月ぶりに再びフランスへリベンジの買付けに行くことになりました。今年は軽井沢でお花見をすることはできませんが…桜同様に私たちを魅了してやまない世界に一点だけのお宝フレンチアンティークハンティングに励んでまいりたいと思いますので、乞うご期待ください!

なお、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、渡仏期間中、実店舗の方はお休みさせていただきます。GW後半の5月6日(金)には再開いたしますので、軽井沢へお越しの際には、ぜひ、小さなフランスを感じに軽井沢のフレンチアンティーク「オ ボール ドゥ ロー」にお立ち寄りくださいませ♪



スポンサーサイト

La lavande

Luberon.jpg

長い梅雨明け、夏本番の季節がやってきました!
夏の風物詩というといろいろなものが連想できますが...何年か前の夏、南仏プロヴァンス地方の
Luberonで見たどこまでも果てしなく続くラベンダー畑の光景がまず一番に思い浮かびます。
(ベストシーズンは6月~8月ですので、ぜひ、その時期に行かれることをお勧めします。)

あまりにもSensationalな経験だったので、それ以来、普段の生活にもラベンダーの香りが欠かせ
なくなりました。もちろん、私たちのお店"Au Bord de l'Eau"の香りもプロヴァンス産ラベンダーを使用
したDurance社のキャンドルを使用しています。

durance.jpg

古くから香水の原料として栽培されてきたプロバンスのラベンダーはとりわけ香りが良いことでも
有名です。プロヴァンスの初夏を思わせる爽やかな香りはお客様にもご好評いただき、最近、
同ブランドのキャンドルやフレグランスなどの店頭販売も始めました。

ラテン語の"Lavare 「洗う」"という意味の由来を持つラベンダーは名前の通り、私たちの心をきれいに
洗い流してくれリラックス効果が期待できる身近なアイテムとして、昔からフランスの人々にも愛され
生活の中に溶け込んできた歴史があるそうです。

疲れた日の夜はエッセンシャルオイルを数滴湯船のお湯に垂らしてから入浴するとリラックス効果大です。
また、アイロンのスチームの水に同様に数滴垂らして使用するとリネンやブラウスにうっすらとラベンダー
の香りが付くのでお勧めです。

近年はハイシーズン中の夏に軽井沢を離れることはできず、ベストシーズンの夏に南仏を訪れるのは
なかなか難しくなってしまいましたが...今年は念願だった上田市にある「信州国際音楽村」のラベンダー
畑に行くことができました!

Lavande 1

↓ラベンダー畑の後方に浅間山が見えます。

Lavande2.jpg

どこまでも果てしなく...という訳にはいきませんが、想像以上に広大な敷地一面に敷き詰められた
紫色のカーペットの見事な光景に魅了され、猛暑だったにも関わらず、ラベンダーの収穫に汗を流し、
ラベンダーのよい香りにうっとり、癒されてきました。

そして、小ぶりながら我が家のラベンダーも満開になり、収穫期を迎えました。

IMG_0505.jpg

収穫後、一時的に置いていただけで、あっという間に玄関ホール全体がラベンダーの爽やかな香りに
包まれ、我が家の愛犬すもももご満悦の様子(?)

IMG_0530.jpg

今年は例年以上に豊作だったので、早速、お店のディスプレイにもプラスしてみました。
猛暑が続く昨今ですが...毎日、店でラベンダーキャンドルの爽やかな香りと南仏プロヴァンスを
中心に厳選してきたアンティークの品々に囲まれながら癒されています。

IMG_0573.jpg

また、最近になってようやく春の買付け時のシャンデリアの大半がネットショップ用の撮影を終え、
実店舗内に勢揃いしました。(もうすでに新しいオーナー様のもとに嫁ぐことが決まっている幸運な品もあり、
つかの間の癒しの時間を一緒に過ごさせてもらっています。)

光に反射した時や風に靡いてキラキラと輝くガラスパーツやキャンドルのような柔らかな灯り...
長い間、フランスの人々と生活を共にしてきた癒し系アンティークシャンデリアたちとの素晴らしい
出会いに感謝します!

Lustres 2015

猛暑が続きますが、ぜひ、避暑地”軽井沢”に高原ならではの爽やかな空気を体験しにいらしてください。
そして、軽井沢のフレンチアンティーク ”オ・ボール・ドゥ・ロー”にもフランスの風を感じにぜひお立ち寄りくださいませ♪



Premiere neige

IMG_0109.jpg

朝起きると、窓の外は美しい白銀の世界が広がっていました。
いよいよ本格的な冬到来です!

初雪が降るのは、例年よりも少し早いようですが...既に北陸や東北などでは雪による災害被害も
出ており、これから本格的な冬を迎えるにあたり、昨シーズンは大雪に苦しまされた軽井沢で暮らす
私たちも心構えが必要です。東京から移住してきたばかりの頃、無邪気にホワイトクリスマスを待ち
わびていた頃が今では懐かしいです。

軽井沢で暮らしていると自然と共存する厳しさを感じることも多いのですが、四季折々の美しい景色
や雰囲気を楽しむことができる森の生活はやはり素晴らしいものです!
自然の素晴らしさに感動すると私にとってのアンティークの巨匠、南仏のBernardお爺さんの言葉
(いつも美しいものを見て、美しいと感じる心を大切にしなさい!)を思い出します。彼がセレクトした
センスのよいアンティークたちで埋め尽くされた小さなショップの中に一歩足を踏み入れると言葉では
言い表せないような感動を覚えます。私たちもアンティークを通じて、そんな感動を日本のお客様と
共有できたら幸いです。

IMG_0080.jpg

9月から夫と始めたウォーキングも何とか続いており、これまで定番だった国有林を抜ける「林コース」は
最近、熊の出没が頻発していてやや危険なため、昨日は雪が残る山道を登り、昭和天皇が立ち寄られた
ことを記念して建てられた記念碑がある浅間山を見上げる美しいビューポイントを折り返し地点に軽井沢
随一の高級別荘地で知られる千ヶ滝西区の林を抜ける「山コース」を約1時間掛けて歩いてきました。

mtasama.jpg

ウォーキングの途中、最近、周辺の森の中に突如現われたインターナショナルスクールの巨大建物や
別荘・住宅の建設ラッシュが目立ち、美しい森の景観が崩れていくのを目の辺りにするのはとても
残念ですが、自然と共存する上で今後、私たちがどうしていくべきかを考えさせられるきっかけにもなり
また、「ピッキオ」をはじめとする自然や野生動物を保護するための活動をしているNPO団体の偉大さ
を痛感します。

最近、軽井沢の国有林では熊の出没が多発しており、私たちもウォーキング中に熊を山に追い込む
活動を行うピッキオの職員の方々に何度か遭遇したことがあるのですが、彼らはすぐに動物を撃ち殺す
ようなことはせずに大きな音や空気銃などを使って脅し、人里に迷い込んでしまった野生動物を山に
追い返すという地道な活動を行っています。

自然を壊すのも人間ですが、自然生態系を保護・回復しようと日々努力しているのも同じ人間なのですね。
私たちも森の住人の一員として、自然の恩恵をもらうだけでなく、日々の生活の中で何ができるのか
自然の偉大さ、厳しさを知れば知るほど身近な問題として考えさせらる今日この頃です。

Promenade dans les bois

susuki2.jpg

9月に入り、めっきり秋らしくなったきましたね!
軽井沢は一足早く、もう冬がそこまで近づいていると感じるくらい涼しい(というか朝晩は本当に寒い)です。
夜中は3℃位まで気温が下がることもあるので、最近、羽毛布団だけでは足りず、毛布を出しました。
せっかく健康のため?に始めたウォーキングもこう寒くてはいつまで続くか...心配です。

1000.jpg

しかし、これから紅葉狩りの季節までまだまだ十分楽しめます!
今年はアウトレットのリニューアルで例年以上に町は沢山の人で賑わっているようです。
でも、我が家のように少しだけ奥に引っ込めば、ひっそりとした森の静けさを満喫する
ことができるのも軽井沢ならではです。

ただ、くれぐれも森の中に立ち入る際は森の先住民のみなさんにご注意を!

kuma.jpg


Petit coin de verdure

jardin1.jpg

賑やかだったゴールデンウィーク&お花見シーズンが終わり、一時、軽井沢に静けさが戻る五月...

四季折々、美しい景色を楽しめる軽井沢ですが、新緑が美しい今の季節が特にお勧めです。
長い冬が終わり、軽井沢にも短い春が訪れ、森が一段と森らしく、眩いばかりの美しい緑のカーテンに
覆われる今の季節が大好きです。

jardin3.jpg

そして、今年も庭の横を流れる御影用水に「まがも」たちが元気な姿を見せに戻ってきてくれました!
毎日というわけにはいきませんが、時折、ゆったりと流れる用水路で気持よさそうに泳いでいる
姿を見ては癒されています。

jardin4.jpg

ご来店いただいたお客様から「まるで外国の景色を見ているよう(!?)...」と仰っていただくことも多い
自宅(兼店舗)からの庭や用水路を見下ろす景色は毎日見ていても飽きないほど、偉大な自然の
変化を楽しめるちょっとした ビュースポットかもしれません。

お天気の良い休日に新緑の美しい軽井沢に森林浴にいらっしゃってはいかがでしょうか?
軽井沢にお越しの際は、ぜひ、「オ・ボール・ドゥ・ロー」にも遊びにいらしてくださいね♪
※ご来店の際は恐れ入りますが、前日までにご予約をお願いいたします。

癒しの達人”フレンチアンティーク”たちも皆様のお越しをお待ちしております!


プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR