スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Financier

financier.jpg

Comment ça va?
早いもので今日で1月も終わりです。

昨夜、近所に住む私たちよりも少し前に藤沢から軽井沢に移住されたご夫婦から箱いっぱい
に入った”焼きたてフィナンシェ”の嬉しいサプライズ土産を頂きました。アーモンドプードル
と焦がしバターの香ばしい風味が病みつきになる、そのあまりもの美味しさに感激しました!

フィナンシェ(Financier)の由来を調べてみると、イタリアのメディチ家を象徴した「金融」とか
「金持ち」という意味からその名前が付いたのではという説やその形が、色・形ともに金塊に似て
いるからとも言われ、実際、パリ発祥のお菓子でパリ証券取引所周辺の金融街"Bourse"から広まった
のだそうです。

昨日頂いたフィナンシェは藤沢市の辻堂にある人気店"Patea Garden"さんのものだそうです。
これまで藤沢にはあまり縁がありませんでしたが、鎌倉にも近いですし他にも美味しいお店や
素敵な場所が沢山あるようです。長年パリで画家として活躍され、昔大変お世話になった知人が
最近、パリから藤沢に移住されたと聞き、ぜひお会いしたいと思っていたところでした。

彼女は父の元会社の同僚で、十代の頃、私がパリを訪れた当初に等身大のパリを案内してくださった
方です。ショコラティエで見よう見真似で買った宝石のように美しい一粒大のチョコレートや人生初
のベトナム料理、クリニャンクールでの初アンティーク体験etc...今でも鮮明に覚えています。
思えば、今のフレンチアンティークの仕事に携わる一番最初のきっかけをくれたのは彼女だった
のかもしれませんね。

彼女は40年以上パリに住んでおられたので、老後は暖かい海の近くに移住することを望まれた
のでしょうか、私たち夫婦も老後はできたら暖かい海の近くに移住できたら!?と連日、零下の
軽井沢で生活をしているとそんな贅沢な夢を抱いてしまいます。

美味しいフィナンシェと恩師との再会...ますます藤沢行きへの野望が膨らみます:)

スポンサーサイト

Le Goût d'Automne

松茸

今日の軽井沢は清々しい秋晴れ。
お日様の暖かな光が何とも心地よい朝でした。

秋と言えば、”食欲の秋、味覚の秋、実りの秋”etc...美味しい旬の食べ物(誘惑)が豊富で、
食いしん坊の私にとって嬉しい季節到来...で約1ヶ月半、夫と励ましあい(?)ながら続けている
低糖質ダイエットにも危ない兆しが...

定休日の夕方、「もうすぐ東京に帰るから...」との父からの予期せぬ誘いに負け、追分の蕎麦処
「ささくら」さんへ父と食事に行き、たっぷりと秋の味覚を堪能してきました。(~_~;)
中でも、「松茸と河豚の白子の天ぷら」は、松茸のしっかりとした歯ごたえと香りの両方が楽しめ、
また、口の中全体に広がるミルキー(濃厚)な味がたまらない白子の天ぷらは本当に美味でした。
「ささくら」さんのある追分宿は、京都へ向かう中山道と越後へ通じる北国街道の分岐点の宿場町
として栄えた歴史のある由緒ある場所です。
<「ささくら」さんの詳細>

遠くフランスでも、これからの季節、ジビエやセップ茸、トリュフなどが旬を迎えようとしています。
何やら、噂によると今年のボジョレーヌーボー"Beaujolais Nouveau 2012"(解禁日:11月15)は、
出来は良いが収穫時の天候が原因で量が半減している!?との事ですが...「美食の国」フランスも
グルメシーズン到来!ということで...渡仏するのが待ち遠しいです♪



Cupcake

皆様はお盆休みをどのように過ごされましたか?
今年は店があるので、東京へ夫の両親の墓参りにも行けず、ゴールデンウィーク(GW)以来の忙しい日々
を過ごしました。例年通り、ここ軽井沢も沢山の人々で賑わっていたので、日々の買い物も倍以上の時間
を掛けて隣町のスーパーへ行くくらい町内での行動は避けていましたが、明日あたりからはようやく町内
に繰り出すことができそうです。

今日はお盆休みの最終日ということもあり、私たちの店にも朝から多くのお客様がご来店くださいました。
そして今朝、南仏のアンティーク市で一目ぼれし、GWの開店以降数ヶ月間、ガーデンの主役として活躍
してくれていたラスティックな雰囲気がお洒落なペパーミントグリーンのガーデンテーブルとチェアーの
セットがご成約となり、嬉しい半面、正直、少し寂しい気持ちになりました。現在、お庭を改装中とのこと
で、きっと新天地でもオーナー様ご自慢の芝と薔薇たちに囲まれながら活躍してくれることでしょう。

garden set

そんなガーデンセットの門出を祝い、今夜は久しぶりに本場ニューヨーク風(!?)のカップケーキを焼き
ケーキのトッピング(アイシング)はガーデンセットと同じペパーミントカラーにしてみました。
ケーキとしてはややカラフル過ぎる(?)色に夫はどん引きしていましたが...パリでも大人気のカップケーキ
で景気づけです。罪悪感に浸りながら食後に一つだけ食べ、こっそり至福の時を過ごしました。(苦笑)

cup cake




Crème brûlée à la lavande

creme brulee

久々に東京から母が遊びに来たので、夫に店を任せて久しぶりに旧軽井沢にある大好きな
ビストロフレンチ「ル・ビストロ・デ・グルマンディーズ」さんに母と二人でランチに行ってきました。

いつも通り、見た目も美しく美味しいアントレ(今回は田舎風パテ&信州サーモンのサラダ)と
メインのお料理(マグロのグリル&子羊の煮込み)を母とシェアし、食後のコーヒーを待っていると、
いつも笑顔が素敵なシェフの奥様が満面の笑みを浮かべながら、大きなデザートプレートを私たち
のテーブルに運んできてくださり、なんとプレートの中身はあの南仏の美しいラベンダー畑の光景
を見た直後に現地のレストランで食べた幻の「ラベンダー クレームブリュレ」でした。
以前、南仏でも修行をされたご経験があるオーナーシェフのご主人と話をした際、いつかこの味を
再現したいとおっしゃっていましたが...ラベンダーの美しい今の季節に実現してくださった事に
感謝です。

何て嬉しいサプライズでしょう!スプーンですくって口の中に運ぶと濃厚なカスタードクリーム
の中にほんのり漂うラベンダーのやわらかな香りが口中に広がり、南仏のラベンダー街道で見た
見事なラベンダー畑の光景が脳裏に蘇りました。またクレームブリュレの上のサクサクの焦がし
砂糖のほんのり苦味のあるキャラメル味とラベンダー風味のカスタードクリームが絶妙にマッチし、
「南仏を代表するデザートの傑作」といっても過言ではないくらい美味しい南仏の夏らしいデザート
に感動しました。偶然にも十数年前に初めて南仏へ行った時は母も一緒だったので、母も同様にシェフ
の粋な計らいに感謝し、本当に嬉しそうでした。

「ル・ビストロ・デ・グルマンディーズ」さんは、いつも美味しいお料理とデザートを提供してくださる
だけではなく、懐かしい南仏の記憶を思い出させてくれ、また、店内にはいつも幸せな空気が流れて
いて、何とも言えない至福の時を過ごすことができる特別な場所です。きっとオーナーご夫婦
のお人柄のせいなのでしょう。私たちももっと見習わなければといつも反省しています。

こちらのデザートは季節限定かもしれませんので...是非、気になる方はお急ぎください!
<ル・ビストロ・デ・グルマンディーズさんの詳細はこちら>

Travers de porc à l'américaine

梅雨が明け、明日は定休日ということもあり久しぶりに友人を招いてBBQをやることになりました。
学生時代を過ごした懐かしいアメリカのポークスペアリブの味を再現しようとネットのレシピ情報を参考に
約20年前の微かな記憶を頼りに試行錯誤の上、あの甘~くフルーティーなBBQソースを初めて手作り
してみました。

それにしてもレシピが豊富な事...時は流れ、日本でもスペアリブはポピュラーになりつつあるようです。
アメリカでも家庭毎に味付けは様々ですが、やはり日本人の私はSoy Sauce(醤油)の入った少し
照り焼き風味がするBBQソースがお気に入りです。今回はネットで一目ぼれした「カリフォルニアのばあ
さん」という北カリフォルニア在住の日本人人気女性ブロガーのレシピを参考に醤油を隠し味にして自分
なりにアレンジてみました。
<ブログの詳細はこちら>

ウスターソースにブラウンシュガー、醤油にタバスコ、オレンジジュースにパイナップル...
その他もろもろ、余りにも沢山の調味料を入れたので、成功したとしても同じ味を再現するのは不可能かも
しれません(笑)お肉をマリネする前に30分程下茹ですると、焼き時間が短縮でき、お肉もほろほろに
柔らかくなるとの事。ジップロック袋に肉と特製ソースを入れ、一晩冷蔵庫でマリネしておきます。

あとは、ソースの出来具合と明日の天気を心配するのみです。

spare rib



プロフィール

auborddeleau

Author:auborddeleau
東京でのアスファルトの生活から軽井沢の森の住人となり、アンティークディーラーとしての経験もあった日仏ハーフの夫と共に何度もトラックで南仏を中心にフランス各地を周り、現地の人々が長年大事にしてきた一点もののアンティークやブロカントを買い集め、軽井沢の森の中でフレンチアンティークショップ"Au Bord de l'Eau(水のほとりで)"を開くこととなりました。
日本でアンティークというと少し敷居が高い印象がありますが、古いものを大切にする(古いものに価値を見出す)フランスでは、プロだけではなく一般の人々が週末アンティーク市や郊外のブロカントを巡り、お気に入りの1点ものを見つけ、新しい物と上手く調和させながら生活の中に取り入れるのが一般的です。
決して煌びやかではありませんが、ひとつひとつ自分たちの心に響いた品々を集めましたので、その中から"Favori(お気に入り)"を見つけていただけたら幸いです。


軽井沢のフレンチアンティーク
オ・ボール・ドゥ・ロー
"Au Bord de l'Eau"

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。